アカバナヒョウタンボク   赤花瓢箪木
[中国名] 新疆忍冬 xin jiang ren dong
[英名] Tartarian honeysuckle , Tatarian honeysuckle , Tartarian honeysuckle
[学名] Lonicera tatarica L.
スイカズラ科 Caprifoliaceae  スイカズラ属
アカバナヒョウタンボクの蕾
アカバナヒョウタンボクの花
アカバナヒョウタンボクの花2
アカバナヒョウタンボクの幹
アカバナヒョウタンボク
アカバナヒョウタンボクの花序
アカバナヒョウタンボクの葉
 アカバナヒョウタンボクはスイカズラ属の落葉低木のアルタイヒョウタンボクの花が真っ赤な園芸品種.。
 落葉低木、高さ3m以下、±白粉で覆われる。冬芽は小さく、芽鱗は約4対、卵形。枝は髄をもち、褐色になり、後に中空になる。葉柄は長さ2~5㎜。葉身は卵形又は卵状長円形、ときに頂円形、長さ2~5㎝×幅1~2㎝、両面とも無毛又はまばらに毛があり、ときに、顕著に毛があり、基部は円形又はわずかに心形、縁毛があり、先は鋭形または鈍形。花序は腋生、花が対につく。花序柄は長さ1~2㎝。苞は線形~倒卵状披針形、長さ2~7㎜。小苞は分離、2対につき、円jっ用卵形、長さ1㎜以下、ときに、子房と同長で、縁毛がある。隣合う2個の子房は分離。咢片は三角状披針形、長さ1㎜以下。花冠は2唇形、淡ピンク色~カーミンレッド、ときに白色又は黄色に色あせたピンク色、長さ約1.5㎝。筒部は長さ5~6㎜、基部は浅いギボス形。上唇は4裂、2個の側裂片は基部まで深裂し、広がる。中裂片は浅裂。下唇は反曲する。雄しべと花柱は花冠筒部から突き出る。花柱は全体に毛がある。液果は赤色又は黄色、球形、直径5~6㎜、2個が接してつく。種子は長さ2~2.3㎜、平滑、凹面の点をもつ。花期は5~6月。果期は6~9月。
品種) 'Alba' , 'Arnold Red'アカバナヒョウタンボク , 'Dart's Purple Cloud' , 'Hack's Red' , 'Honey Rose' , 'Honeyrose' , 'Lutea' , 'Nana' , 'Rosea' , 'Sandling Park' , 'Zabelii'
[花期] 5~6月
[樹高] 1~3m
[生活型] 落葉低木
[生育場所] 林縁
[分布] 外来種  中国、ロシア、カザフスタン、キルギスタン原産
[撮影] 西尾市  19.4.20
TOP Back