きのこ図鑑
■草樹類検索 ■シダ類検索 ■コケ類検索 ■地衣類検索
TOP きのこ一覧 きのこ用語 日本語-英語 英語-日本語
 キツネタケ  狐茸
中 国 名 红蜡蘑 hong la mo
英  名 deceiver , waxy laccaria
学  名 Laccaria laccata (Scop. : Fr.) Berk. et Br.
Laccaria laccata (Scop.) Cooke
分  類 坦子菌門 ハラタケ亜門 ハラタケ綱 ハラタケ亜綱 ハラタケ目(Agaricales)
科  属 ヒドナンギウム科   Hydnangiaceae  キツネタケ属
 英名 のdeceiver (欺くもの)は大きさや色などに変異が多いことからつけられた。キツネタケモドキなどの類似種もあり、判別は難しい。日本ではキツネタケモドキはLaccaria laccataであり、坦子器が2胞子性とされているが、アメリカなどでは4胞子性である。
 傘は直径1~4.5㎝、ときに大きくなることもあり、半球形~饅頭形~扁平~中央がへそ状に凹む皿形、縁は波打ち、平滑~条線~溝条線。背面は肉紅色~帯紅褐色(キツネ色)~橙褐色、乾いたり、古くなると退色、鈍くなり、無毛~細鱗片がある。柄は長さ2~10㎝、幅2~10㎜、上下同径~下部やや太くなり、中実、表面は淡紅色、平滑ときに条線があり、下部は帯褐色繊維状、基部に白色のミセリウムをつける。ひだは疎につき、直生~湾生、淡紅色~肉色。肉はごく薄く、無味(温和)、無臭。傘のKOHaq反応なし。胞子紋は白色。胞子は無色(~帯淡黄色)、長さ1~2µmの刺が密生し、刺を除いた長さ7~9µm、幅6~7.5µmの類球形、非アミロイド。縁シスチジアは普通あり、長さ約55µm、幅約7.5µmの糸状~類棍棒形。坦子器は4胞子性、ときに1~2胞子性を含む。傘上表皮は幅3~7.5µmの菌糸からなる。
 オオキツネタケLaccaria bicolor 日本、中国、ヨーロッパ、北アメリカに分布する。日本ではアンモニア菌とされているがアメリカなどでは針葉樹やカバノキなどの菌根菌とされている。柄の基部のミセリウムが淡紫色であるのがわかりやすい特徴である。ただし、白色に退色するのは早い。傘は直径2.5~7㎝、吸水性、赤褐色~乾くと黄褐色、細鱗片が密生し、条線はない。柄は長さ7~15㎝、幅4~10㎜、表面は傘と同色、繊維状条線があり、基部に淡紫色もミセリウムがある。ひだはやや疎、帯紫肉色。胞子紋は白色。胞子は無色、長さ0.8~1.2(アメリカのもの1~2)µmの刺が密生し、刺を除いた長さ6.8~8.8µm、幅6.5~7.5µmの類球形。縁シスチジアは普通あり、長さ約55µm、幅約8µmの糸状~類棍棒形。坦子器は4胞子性。傘上表皮は幅5~10µmの菌糸からなる。可食。
 キツネタケモドキ Laccaria ohiensis 日本、台湾、インド、南北アメリカ、ニュージーランド、北アフリカに分布する菌根菌。キツネタケによく似ている。傘は直径0.5~2.5(4.5)㎝、橙褐色~鈍い赤褐色、細鱗片があり、湿時条線がある。柄は長さ2~4(6)㎝、幅2~6㎜(アメリカのものは短く1.5~2㎝、細く2㎜以下)、傘と同色、少し細鱗片があり、基部のミセリウムは白色。ひだは疎。胞子は無色~帯淡黄色、長さ1.5~3µm(0.5~1.5µmとする文献も多い)の刺が密生し、直径(7.5)8~9(11)µmの類球形、非アミロイド。坦子器は2胞子性、ときに1、3胞子性を含む(アメリカ、ニュージーランドのものは4胞子性、まれに2胞子性を含む)。傘上表皮は幅5~10µmの菌糸からなる。 傘などがFeSO4により暗灰色になる。無毒。
キツネタケ
キツネタケ傘のひだ
発生時期 春~夏(~秋)
大 き さ 小型~中型 直径1~4.5㎝
栄養摂取 菌根菌
発生場所 紅葉樹林、針葉樹林の地上
分  布 世界に広く分布
食  毒 可食
撮  影 田原市 14.10.24
キツネタケ2
キツネタケ傘
キツネタケ柄上部
キツネタケ柄の基部
TOP Back