キジカクシ科  Asparagaceae
分類 被子植物(angiosperm)-単子葉類(Monocots) -キジカクシ目(Asparagales)
 旧分類ではユリ科の一部である。APGⅢで7亜科のキジカクシ科とされた。APGⅡではクサスギカズラ亜科だけがキジカクシ科とされていた。
 Aphyllanthoideae亜科:Aphyllanthes monspeliensis 1属1種。
 リュウゼツラン亜科 Agavoideae:旧ヘスペロカリス科も含む。
 ブローディア亜科Brodiaeoideae:旧テミス科
 ツルボ亜科 Scilloideae :旧ヒアシンス科
 ロマンドラ亜科 Lomandroideae:旧ラクスマニア科
 クサスギカズラ亜科 Asparagoideae:旧キジカクシ科
 スズラン亜科 Nolinoideae:旧ゴマノハグサ科 
分布 世界に約1400属3600種が分布する。
特徴 多年草、茎は直立、つるになるものもある。葉は互生、全縁、平行脈。花は両性又は単生、葉腋から茎を伸ばし、小さな鐘形の花をつける。花被片3+3。子房上位。雄しべは6個。子房は1個、3心皮。果実は漿果。
栽培 アスパラガスが食用に栽培され、ヒヤシンス、スズラン、ギボウシ、ジャノヒゲ、オリズルラン、リュウゼツラン、ハランなどが観賞用に栽培される。
アマドコロ属   アマドコロ Polygonatum odoratum (Mill.) Druce
ナルコユリ Polygonatum falcatum A. Gray
ヒメイズイ Polygonatum humile Fisch. ex Maxim.
ミヤマナルコユリ Polygonatum lasianthum Maxim.
オオアマナ属  オオアマナ Ornithogalum umbellatum L.
クロホシオオアマナ Ornithogalum arabicum L..
キジカクシ属 クサスギカズラ Asparagus cochinchinensis (Lour.) Merr.
キチジョウソウ属 キチジョウソウ Reineckea carnea (Andr.) Kunth.
ギボウシ属 オオバギボウシ Hosta sieboldiana (Lodd.) Engl.
キヨスミギボウシ Hosta kiyosumiensis F.Maek.
コバギボウシ Hosta sieboldii (Paxton) J.W.Ingram form. lancifolia (Miq.)H.Hara
ナメルギボウシ Hosta sieboldiana (Lodd.) Engl. var. glabra N.Fujita.
ミズギボウシ Hosta longissima Honda ex F.Maek.
ジャノヒゲ属 オオバジャノヒゲ Ophiopogon planiscapus Nakai
ジャノヒゲ Ophiopogon japonicus (L. fil.) Ker Gawl.
ナガバジャノヒゲ Ophiopogon japonicus (L. fil.) Ker Gawl. var. umbrosus Maxim. in Mel.Biol.
ノシラン Ophiopogon jaburan (Siebold) Lodd.
スズラン属 スズラン Convallaria majalis L. var. keiskei (Miq.) Makino
ツルボ属 ツルボ Barnardia japonica (Thunb.) Schult. et Schult.f.
ナギイカダ属 ナギイカダ Ruscus aculeatus L.
ヒヤシンス属 ヒヤシンス Hyacinthus orientalis L.
マイヅルソウ属 マイヅルソウ Maianthemum dilatatum (A.W.Wood) A.Nelson et J.F.Macbr.
ムスカリ属 ムスカリ Muscari armeniacum Leichtlin ex Baker
ヤブラン属 ヒメヤブラン Liriope minor (Maxim.) Makino
ヤブラン Liriope muscari (Decne.) L.H.Bailey
ユキザサ属 ヒロハユキザサ Smilacina yesoensis Franch. et Savat.
ユキザサ Smilacina japonica A. Gray
TOP Back