カヤツリグサ科  Cyperaceae
分類 被子植物(angiosperm)-単子葉類(Monocots) -ツユクサ類(Commelinids)-イネ目(Poales)
分布 世界中に約106属5400種が分布する大きな科である。単子葉類ではイネ科、ラン科に次ぎ多種である。
特徴 多年草又は一年草。イネ科とは茎が中実、3稜形であること及び葉鞘が筒形になっていることで区別される。根茎~匍匐茎がある。稈(茎)は単一、しばしば3面がある。葉は根生及び(又は)茎葉。葉身と葉鞘を備え、ときに葉鞘だけとなる。葉鞘は閉じ又は開く。葉舌がしばしばある。ときに、葉身の反対側にある。葉身は普通、線形、草状、ときに基部が幅広くなり、偽柄になることもある。総苞(involucral bracts)は1~数個、葉状又は苞頴状( glumelike)。花序は分枝しない穂状又は頭状から分枝する藺状花序anthelate(散形花序様)又は円錐花序、1~多くの根本の花序単位を備え、これらは不確定に穂状花序とも呼ばれ、いくつかの種では確定的に偽穂状花序と呼ばれる。穂状花序は1~多くの苞頴(glume)を持ち、ときに単生花となり、単性の穂状花序につき、苞頴は膜質~革質、螺旋状又は2列にに並び、各々、1個の花を包む。偽穂状花序は非常に短い枝に2~12個の膜質の鱗片状の苞を備え、最下の2個の苞は対生し、キールがあり、偽穂状花序は基部につき、普通、苞頴状の苞に隠れる。苞は螺旋状に並び、小穂状花序様の穂状花序に集まる。花は両性又は単性、雌雄同株、まれに雌雄異株。花被は無又は剛毛や鱗片に退化する。雄しべは1~3個、葯は底着。子房は2又は3心皮。単室、1胚珠。花柱は分裂、まれに不分裂、基部はときに宿存性、果実中では様々な形になる。柱頭は2又は3個。果実は普通、硬く、2又は3面のある小堅果、まれに、多汁又はコルク質の外果皮があり、表面は平滑又は様々な小さな模様があり、ときに、部分的又は完全に大きな基部の前出葉に包まれる(胞果utricle)。
栽培 パピルスはエジプト時代に紙の代わりに使われ、ペーパーの語源になった。花被を欠いているため美的な園芸的価値のあるものは少なく、雑草として扱われるものがほとんどである。
アンペライ属 アンペライ Machaerina rubiginosa (Sprengel) T. Koyama
ウキヤガラ属  イセウキヤガラ Bolboschoenus planiculmis (F.Schmidt) T.V.Egorova
コウキヤガラ Bolboschoenus maritimus (L.) Palla
カヤツリグサ属 アオガヤツリ Cyperus nipponicus Franch. et Savat.
アゼガヤツリ Cyperus flavidus Retz.
イガガヤツリ Cyperus polystachyos Rottb.
イヌクグ Cyperus cyperoides (L.) Kuntze
ウシクグ Cyperus orthostachyus Franch. et Savat.
オニガヤツリ Cyperus pilosus Vahl.
カヤツリグサ Cyperus microiria Steud.
カワラスガナ Cyperus sanguinolentus Vahl.
クグガヤツリ Cyperus compressus L.
コアゼガヤツリ Cyperus haspan L.
コゴメガヤツリ Cyperus iria L.
シュロガヤツリ Cyperus alternifolius L.
ショクヨウガヤツリ Cyperus esculentus L.
タマガヤツリ Cyperus difformis L.
チャガヤツリ Cyperus amuricus Maxim.
ハマスゲ Cyperus rotundus L.
ヒナガヤツリ Cyperus flaccidus R. Br.
ホソミキンガヤツリ Cyperus engelmannii Steud.
ミズガヤツリ Cyperus serotinus Rottb.
メリケンガヤツリ Cyperus eragrostis Lam.
クロアブラガヤ属  アブラガヤ Scirpus wichurae Boecklr.
コマツカサススキ Scirpus fuirenoides Maxim.
シンジュガヤ属 ミカワシンジュガヤ Scleria mikawana Makino
スゲ属 アオスゲ Carex breviculmis R. Brown
アズマナルコ Carex dimorpholepis Steud.
アゼスゲ Carex thunbergii Steudel
アゼナルコ Carex dimorpholepis Steud.
エナシヒゴクサ Carex aphanolepis Franch. et Sav.
オオアオスゲ Carex lonchophora Ohwi
オオカサスゲ Carex rhynchophysa C. A. Meyer.
オオタマツリスゲ Carex filipes Franch. et Sav. var. rouyana (Franch.) Kük.
オタルスゲ Carex otaruensis Franch.
オニスゲ Carex dickinsii Franch. et Savat.
カサスゲ Carex dispalata Boott ex A. Gray
カワズスゲ Carex omiana Franch. et Savat. var. monticola Ohwi.
カワラスゲ Carex incisa Boott.
カンスゲ Carex morrowii Boott
キノクニスゲ Carex matsumurae Franch.
キンチャクスゲ Carex mertensii Presc. var. urostachys (Franch.) Kuk.
クサスゲ Carex rugata Ohwi.
クロカワズスゲ Carex arenicola F. Schmidt.
ケタガネソウ Carex ciliatomarginata Nakai
ゴウソ Carex maximowiczii Miq.
コウボウシバ Carex pumila Thunb.
コウボウムギ Carex kobomugi Ohwi
コカンスゲ Carex reinii Franch. et Savat.
コジュズスゲ Carex macroglossa Franch. et Savat
コミヤマカンスゲ Carex multifolia Ohwi var. toriiana T.Koyama
シオクグ Carex scabrifolia Steud.
シバスゲ Carex nervata Franch. et Sav.
ジュズスゲ Carex ischnostachya Steud.
ショウジョウスゲ Carex blepharicarpa Franch.
シラコスゲ Carex rhizopoda Maxim.
シラスゲ Carex doniana Spreng.
センダイスゲ Carex lenta D.Don var. sendaika (Franch.)T.Koyama
タガネソウ Carex siderosticta Hance.
ダケスゲ Carex magellanica Lam. subsp. irrigua (Wahlenb.) Hiitonen
タチスゲ Carex maculata Boott
タニガワスゲ Carex forficula Franch. et Savat.
タマツリスゲ Carex filipes Franch. et Sav. var. filipes
チャイトスゲ Carex sachalinensis F.Schmidt var. aureobrunnea (Ohwi) Ohwi
テキリスゲ Carex kiotensis Franch. et Savat.
ナキリスゲ Carex lenta D.Don.
ナルコスゲ Carex curvicollis Franch. et Savat.
ヌカスゲ Carex mitrata Franch. var. mitrata
ノゲヌカスゲ Carex mitrata Franch. var. aristata Ohwi
ハマアオスゲ Carex fibrillosa Franch. et Sav.
ハリガネスゲ Carex capillacea Boot
ヒカゲスゲ Carex lanceolata Boott
ヒゴクサ Carex japonica Thunb.
ヒメカワズスゲ Carex brunnescens (Pers.) Poir.
ヒメカンスゲ Carex conica Boott
ヒメゴウソ Carex phacota Sprengel
ヒメシラスゲ Carex mollicula Boott.
ヒラギシスゲ Carex augustinowiczii Meinsh. ex Korsh.
ホシナシゴウソ Carex maximowiczii Miq. var. levisaccus Ohwi
ホソバヒカゲスゲ Carex humilis Leyss. var. nana (H.Lév. et Vaniot) Ohwi
マスクサ Carex gibba Wahlenb.
マツバスゲ Carex biwensis Franch.
ミタケスゲ Carex michauxiana Boeck. subsp. asiatica Hulten
ミノボロスゲ Carex nubigena D.Don ex Tilloch et Taylor subsp. albata (Boott ex Franch. et Sav.) T.Koyama
ミヤマアシボソスゲ Carex scita Maxim.
ミヤマクロスゲ Carex flavocuspis Franch. et Sav.
ミヤマシラスゲ Carex confertiflora Boott
メアオスゲ Carex candolleana H.Lev. et Vaniot.
モエギスゲ Carex tristachya Thunb.
ヤチカワズスゲ Carex omiana Franch. et Sav. var. omiana
ヤマオオイトスゲ Carex clivorum Ohwi
ヤワラスゲ Carex transversa Boott.
テンツキ属 イソヤマテンツキ Fimbristylis ferruginea (L.)Vahl. var. sieboldii (Miq.) Ohwi
クロテンツキ Fimbristylis diphylloides Makino
テンツキ Fimbristylis dichotoma (L.) Vahl.
ヒデリコ Fimbristylis littoralis Gaudich.
ヒメヒラテンツキ Fimbristylis autumnalis (L.) Roem. et Schult.
ビロードテンツキ Fimbristylis sericea (Poir.) R. Brown.
メアゼテンツキ Fimbristylis velata R. Br.
ヤマイ Fimbristylis subbispicata Nees. et Meyen.
ハタガヤ属 イトハナビテンツキ Bulbostylis densa (Wall.) Hand.-Mazz.
ハタガヤ Bulbostylis barbata (Rottboll) C. B. Clarke
ハリイ属 オオハリイ Eleocharis congesta D. Don.
クログワイ Eleocharis kuroguwai Ohwi
シカクイ Eleocharis wichurae Boeck.
チャボイ Eleocharis parvula (Roem. et Schult.) Link ex Bluff, Nees et Schauer
ハリイ Eleocharis pellucida J. Presl et C. Presl
マツバイ Eleocharis acicularia (L.) Roem. et Schult. var. longiseta Svenson.
ミツカドシカクイ Eleocharis wichurae Boeck. form. petasata (Maxim.) H.Hara
ヒメクグ属 アイダクグ Kyllinga brevifolia Rottb.
ヒメクグ Kyllinga brevifolia Rottb. var. leiolepis (Franch. et Sav.) H.Hara
ヒトモトススキ属 ヒトモトススキ Cladium chinense Nees.
ヒンジガヤツリ属 ヒンジガヤツリ Lipocarpha microcephala (R.Br.) Kunth
ホタルイ属 イヌホタルイ Schoenoplectus juncoides (Roxb.) Palla
オオフトイ Schoenoplectus lacustris (L.) Palla
カンガレイ Schoenoplectus triangulatus (Roxb.) Sojak
サンカクイ Schoenoplectus triqueter (L.) Palla
フトイ Schoenoplectus tabernaemontani (C.C.Gmel.) Palla
ホタルイ Schoenoplectus hotarui (Ohwi) Holub
ミカヅキグサ属 イガクサ Rhynchospora rubra (Lour.) Makino
イヌノハナヒゲ Rhynchospora chinensis Nees et Meyen
コイヌノハナヒゲ Rhynchospora fujiiana Makino
シラサギカヤツリ Rhynchospora colorata (L.) H. Pfeiffer
ミカヅキグサ Rhynchospora alba (L.) Vahl.
ワタスゲ属 サギスゲ Eriophorum gracile Koch.
ワタスゲ Eriophorum vaginatum L.
TOP Back