ゴマノハグサ科  Scrophulariaceae
分類 被子植物(Angiosperm)-真正双子葉類(Eudicots)-コア真正双子葉類(Core eudicots)-キク上群(Superasterids)-キク類(Asterids)-シソ類(Lamiids)-シソ目(Lamiales)
 新分類(AGPⅢ)ではオオバコ科、アゼナ科、カルセオラリア科、ハマウツボ科、ハエドクソウ科、キリ科へ移されたものも多く、旧フジウツギ科や旧ハマジンチョウ科は統合された。
【ゴマノハグサ科の属】
Agathelpis 、ベニコチョウ属(Alonsoa)、 Ameroglossum、 Anamaria、Ancistrostylis、 Androya、 Antherothamnus 、Anticharis、 Aptosimum、 Barthlottia、 Boelckea、 Bontia、フジウツギ属(Buddleja 旧フジウツギ科)、 Calamphoreus、 Camptoloma、 Capraria、 Celsia、Chaenostoma、Cheilophyllum、Chenopodiopsis、Colpias、Conradia、Cromidon、Dermatobotrys、Diascia、Diclis、Diocirea、Dischisma、Dolichostemon、Emorya、Eremogeton、Eremophila、Fagelia、Fonkia、Freylinia、Galvesia、Glekia、Globulariopsis Glumicalyx、Glycocystis、Gomphostigma、Gosela、Hebenstretia Heliohebe、Hemimeris、Jamesbrittenia、Jamesbrittneia、Leucophyllum 、キタミソウ属(Limosella)、Lyperia、Maeviella、Magdalenaea、Manulea、Manuleopsis、Melanospermum、Microdon、Mimetanthe、Mimulicalyx、Monniera 、ハマジンチョウ属(Myoporum 旧ハマジンチョウ科)、Nathaliella、アフリカウンラン(ネメシア)属(Nemesia)、Nothobartsia、Oftia、Oreosolen、Parentucella、Pentstemonopsis、Philcoxia、ケープフクシア属(Phygelius)、Phyllopodium、Pocilla、Polycarena、Pseudoselago、Ranapalus、Ranopisoa、Reyemia、Rhabdotosperma、Scrophucephalus、ゴマノハグサ属(Scrophularia)、Selago、ステラ属(Sutera)、Teedia、Tetraselago、Trieenea 、モウズイカ属(Verbascum)、Verena、Walafrida、サクラカラクサ属(Zaluzianskya)
分布 世界中に約87属約1000~1700種が分布する。
特徴 1年草、2年草、多年草又は低木。葉は互生又は対生、単葉、全縁~鋸歯縁。花は単生又は様々な花序につく。花柄は小苞を2個つけるか又は欠く。花は両性、まれに単性、普通、左右相称。萼は (3)4~5裂し、普通、基部で合着する。花冠は合弁、普通4~5裂し、裂片はほぼ同形又は2唇形、基部で合着し鐘形~筒形になり、ときに1又は2個の距又は袋となる。雄しべは4(まれに5)個、2強雄しべ又は等長。花柱は1個。子房下位、2(~4)室。胚珠は室に1個~多数。果実は裂開する蒴果、ときに分離果、まれに液果又は核果。種子は小さく、多数。X=6(又はそれ以上)。
栽培 ビロードモウズイカ、ネメシア、ステラ、フサフジウツギなどが観賞用に栽培され、ビロードモウズイカが日本に帰化している。
アフリカウンラン属  サンサシア Nemesia 'Sunsatia Series'
シュッコンネメシア Nemesia caerulea Hiern
ステラ属 バコパ Sutera cordata (Thunb.) Kuntze
フジウツギ属  トウフジウツギ Buddleja lindleyana Fortune
フサフジウツギ Buddleja davidii Franch.
モウズイカ属 ビロードモウズイカ Verbascum thapsus L.
TOP Back