三河の植物観察Flora of Mikawa
Last update 24/10/2019 
TOP 三河とは 三河の名がつく植物 三河観察地案内 三河情報リンク 見かけた昆虫

 三河地方の植物・地衣類・きのこなどを紹介

掲載種 3318
Firefox ブラウザ無料ダウンロード

チョウマメ
最近の状況
 超大型の台風19号が去って、朝晩は寒さを感じるようになった。天気がよいので、10月20日に浜松フラワーパークに出かけた。今年の3月から舘山寺スマートインターチェンジが利用できるようになり、かなり便利になった。大型盆栽展が開催されていて、入り口付近に盆栽が展示してあった。盆栽といっても普通の盆栽と違い、庭木くらい大きな木が鉢植えされているものである。黒松盆栽の銘品は見たことがあるが、このような大型の黒松盆栽は初めてである。
 秋になると花が少なく、入園料金も下がる。主に温室の花を観賞した。屋外の花は残りわずかで、バラも咲いてはいても、寂しげである。チョウマメ、バンクシアの花が見られた。コキアが真っ赤に紅葉し、スズランノキも紅葉し始めていた。変わったコリウスがあり、帰宅してから調べたところ、コリウス・テラノバ・マラケシュという品種だった。温室内ではいろいろな花が咲いていた。アサバソウ、アサヒカズラ、オウコチョウ、ソラナムパンプキン、ヘリコリア・ブシッタコラム、パキスタキス、プセイドランテマム、バンダ(ヒスイラン)などである。初めて見る花がほとんどだった。
最近の追加
 アメリカクサレダマ、ドイツアヤメ、セイヨウサンザシ、ベニニガナ、マルバノヒゴタイサイコ、ルリタマアザミ、ゴウダソウ、トレニア・カタリーナ・ブルーリバー、キリラ・ラセミフローラ、クサキョウチクトウ、アザレアツバキ、セルリア・カルメン、ヒメハナヤナギ、ベンガルヤハズカズラ、ゲットウ、バナナ、サボンソウ、アーティチョーク、カラクサゲシ、クダモノトケイソウ、ツキヌキニンドウ、シロミノコムラサキ、ロシアンセージ、カイドウツバキ、ツバキ・ロゼフローラ、ハナカンザシ、シレネ・カロリニアナ、ヨシノツツジ、シベリアツルボ、ホコガタハナガサ、ソケイノウゼン、オリヅルラン、インカカタバミ、インカカタバミ・バーギット、オオタチカラクサ、コガネノウゼン、キンチョウ、カンガルーポー、タコノアシ、グレビレア・ガウディーチャウディー、グレビレア・ブロンズランバー、トウテイラン、レウコフィルム・フルテスケンス、アカバセンニチコウ、フェイジョア、セイヨウシャクナゲ・サフロンクイーン、ツリージャーマンダー、アカバナヒョウタンボク、オオバナノコギリソウ、コウシュンカズラ、サンゴバナ、ダルマヒオウギ、ソラマメ、シカクマメ、アメリカセンニチコウ、アマルクリヌム・メモリアコルシー、コレア・レフレクサ、ゴレンシ、キヤニモモ、ブータンルリマツリ、メボウキ(バジル)、コロマンソウ、ブラジルキンギョソウ、セイヨウフウチョウソウ、ピティロディア・テルミナリス、アメリカマユミ、ルエリア・ブレビフォリア、チョウマメ、キンランジソ(コリウス)、コリウス・テラノバ・マラケシュ
愛知県の三河地方の野草をはじめ、植物観察会などで見られた野草等の見分け方を図鑑形式で解説。野草保護地などの地図案内も掲載。
三河湾
自然観察では、野草だけでなく、樹木、シダ類、蘚苔類、地衣類、キノコ、昆虫など、自然の中で感動するものにあふれている。いつまでもこの貴重な自然を残したい。
塩性湿地の植物
ミカワエビ
Since October 30.2002