ユーカリ・フラワーガム(オレンジ)  
[別名] コリンビア・フィキフォリア
[英名] red flowering gum , Albany red flowering gum , the Albany redgum , Western Australian red flowering gum
[学名] Corymbia ficifolia (F.Muell.) K.D.Hill & L.A.S.Johnson
Eucalyptus ficifolia F.Muell
フトモモ科 Myrtaceae  コリンビア属
三河の植物観察
ユーカリ・フラワーガム(オレンジ)花序
ユーカリ・フラワーガム(オレンジ)の花
ユーカリ・フラワーガム(オレンジ)の雌しべ
ユーカリ・フラワーガム(オレンジ)の萼
ユーカリ・フラワーガム(オレンジ)の葉2
ユーカリ・フラワーガム(オレンジ)の葉裏の脈
ユーカリ・フラワーガム(オレンジ)の幹
ユーカリ・フラワーガム(オレンジ)
ユーカリ・フラワーガム(オレンジ)葉表
ユーカリ・フラワーガム(オレンジ)葉裏
ユーカリ・フラワーガム(オレンジ)花序
 コリンビア属( Corymbia) はユーカリ属(Eucalyptus)の近縁であり、古くはユーカリ属に含められていた。今でも商業的には Angophora属、Corymbia属、Eucalyptus属がユーカリと呼ばれている。Corymbia ficifolia はコリンビア属の中で最も栽培されることが多く、多数の園芸品種がある。写真のものは鮮やかなオレンジ色のCorymbia ficifolia 'Orange Splendour'。英名のred flowering gum は赤花が咲くゴムの木の意味であり、和名がない。 ficifolia は、fici=ficus(イチジク)のfolia(葉)という意味であり、葉の形態に由来する。インドゴムノキはイチジク属(Ficus)であり、葉に光沢があり、ゴムノキの葉に似ているといわれる。
 中高木、普通、小高木、不規則に広がり(straggly)、高さ10m以下。樹皮は小枝では粗く、繊維状、まれにモザイク状になり、褐色~灰褐色。小枝では髄に油腺が無い。若枝は断面が円形、ときに、下部でザラザラする。若葉は葉柄があり、互生し、卵形~広披針形、基部は心形~円形~切形。下部の葉はときにザラザラする。成葉は互生し、葉柄は長さ0.8~2 (2.5)㎝。葉身は卵形~広披針形、長さ7~13 (15) ㎝、幅 (2.2) 2.5~5 (5.5)㎝、平ら~わずかに波打ち、光沢が無く~わずかに光沢があり、退色し、葉の上面は暗緑色、下面は淡緑色、葉の基部は細くなり、葉柄に続き、ときに円形。葉縁は全縁。葉先は鋭形。側脈は羽状脈(penniveined)、網目は非常に多く、葉縁脈があるが、縁に非常に近い(ほとんど合流する)、油腺は不明瞭又は欠く。花序は頂生、花序柄は長さ1.5~3.2㎝。蕾は散形花序に7個、花柄は長さ、1.3~2.7(4)㎝。成熟した蕾は倒卵形~ 梨形、長さ1.2~1.8㎝、幅0.6~0.8㎝、表面は平滑(ふけのようではない)、ふけは無い。果蓋(operculum)は丸形~平らになり、雄しべは屈曲する。葯は長楕円形、多方向、背着、縦の隙間から裂開する。花柱は長く、真っすぐ。柱頭はパピラがある(モップ状ではない)。室は一般には3個(まれに4個)。胚珠は規則正しく並ばない。花は明るい赤色~ピンク色~オレンジ色。果柄が長さ1.5~2.7(4)㎝。果実はつぼ形(まれに切形状卵形~切形状球形、長さ2~4.2㎝、幅1.8~3㎝。花盤は垂直に下行し、バルブは3(まれに4)個、深く包まれる。種子は暗褐色~黒色、楕円形、末端に翼があり、また、しばしば、縁に狭く翼が広がり、長さ12~18㎜(翼を含めて)。
[花期] 7月
[樹高] 5~10m
[生活型] 常緑高木
[生育場所] 公園、庭園
[分布] 帰化種 オーストラリア南西部原産
[撮影] 浜松市(浜名湖ガーデンパーク)  17.7.29
【コリンビア属】 Familiy: Myrtaceae - Subfamily: Myrtoideae - Tribe Eucalypteae- genus Corymbia
<解説>
 高木(~低いマリーmallee:低いオーストラリアのユーカリノキの総称、樹皮は宿存性、短い繊維状のフレーク状、小さな多角形に分かれ、又は平滑、多角形のフレークや短い細片に覆われる)、常緑、精油を持つ。高さ5~40m。細い1次茎をもつ(leptocaul)。塩生~乾性植物。異形葉(ある種の成木の樹幹は若葉からなる)。葉は大きさが中間から大型、対生し、草質又は革質、ほぼ無柄又は有柄。腺点が有又は無、芳香があり、茎に沿着又は沿着せず、単葉、葉枕(葉の基部の膨らみ)は無い。葉身は背腹性又は等面的、全縁、平ら、線形~披針形~長楕円形~卵形~かま形、羽状脈又は平行脈又は1脈、横細脈がある。成葉の葉身は上面が無毛又は軟毛があり、下面は無毛又は軟毛がある。托葉は無く、宿存性の基部の分裂組織(meristem)もない。葉に毛は有又は無。2次茎は従来の形成層の輪から伸びる。木質部の管はグループ化する。傍気管の実質は合流する。生殖タイプは受粉。繁殖力のある花は両性。単性花は無い。両性株。虫媒花又は鳥媒花。受粉機構は特別ではない。花は散形花序に(3~)7(~-11)個つくか、複合花序につく。複合花序は頂部の花序が集散花序、花序は頂生又は腋生、円錐花序又は集散円錐花序(thyrsoids)、まれにmetabotryoidsを側生し、しばしば枝を広げる。花は花柄があり、苞があり、又は苞が無く、小~大、ユーカリと同様に蕾には花被が変化した果蓋があり(果[弁]蓋operculumは小皿状~短い円錐形、萼や花冠からなる)、放射相称(regular)、輪生(cyclic)。離れた花托筒がある。花被は離生の萼と花冠を持つ。8又は10個が同数の2輪になる。萼は1輪に4~5個、合片萼、全縁、果蓋がある(calyptrate=operculate)、花冠より先に落ちるか又は花冠より先に落ちず、覆瓦状又は敷石状、放射相称、宿存性又は宿存性でない。花冠は1輪に4~5個、多少は多弁化又は合生花弁があり、全縁、果蓋が有(calyptrate=operculate)又は無(その後、離生の花弁が萼につく)、完全に又は完全ではなく融合した花冠をもち、覆瓦状、放射相称。雄しべ群の数は不定、20~150(多数)。雄しべは分枝する。雄しべ群の配置は確定又は不確定。雄しべ群は求心的に成熟し、花被片から分離し、すべて等形又は著しく不等形、互いに離生。雄しべは20~150(多数)個、多数雄しべ、蕾では屈曲する。葯は背着、多方向、縦の隙間から裂開し、内向き、長楕円形又は長楕円状倒卵形、4花粉嚢、付属体は有又は無。雌ずい群は2~4心皮。雌しべは(2~)3(~4)細胞 。雌ずい群は合成心皮、正常な合成心皮、子房下位。子房は複室 (plurilocular)、(2~)3(~4)室。子房上に花盤がある。雌ずい群は花柱をもち、花柱は先に1個、蕾の中では真っすぐ又は曲がる(section Cadagaria)。柱頭は1個、毛深く又は先細、短い又は長いパピラがある。中軸胎座。胚珠は室に20~50個、斜上し、仮種皮は無く、半倒生胚珠。果実は肉質でなく、裂開する。蒴果(つぼ形~球形、花托筒に深く、沈み、花盤は落ち込み、バルブは3~4個が入る)。半倒生タイプの縫線(raphe)は無い。倒生タイプの縫線も無い。種子は無胚乳、側方向又は背腹方向に圧縮され、翼は有又は無。種子の翼は全周には無い。子葉は2個、腎形。外種皮は裂け無い又は裂け、結晶層がある。属の英名はflowering gum trees , bloodwood。高木はmarri(大型のオーストラリアのユーカリノキの総称)、低木はmallee(低いオーストラリアのユーカリノキの総称)という。(参考4など)
 世界に約115種があり、約110種がオーストラリアの固有種。

主な種
 1  Corymbia ficifolia (F.Muell.) K.D.Hill & L.A.S.Johnson:red flowering gum
  オーストラリア南西部原産。高さ10m以下。花は赤色。園芸種は赤色、スカーレット色、オレンジ色、アプリコット色、ピンク色、サーモンピンク色などがある。種子に翼がある。
 2  Corymbia apparrerinja K.D.Hill & L.A.S.Johnson:ghost gum 。オーストラリア中部原産
   高さ20m以下。樹皮は平滑。白色~クリーム色、ピンク色を帯びる。夏に白色の花をつける。  
 3  Corymbia citriodora (Hook.) K.D. Hill & L.A.S.Johnson:lemon-scented gum
  オーストラリア北東部原産。高さ35m以下。樹皮は白色~銅色。葉に強いレモンの香りがある。
  花は白色。精油が採取される。
 4  Corymbia intermedia (R.T.Baker) K.D.Hill & L.A.S.Johnson:Blackbut , pink bloodwood
  オーストラリアのクイーンズランド州、ニューサウスウェールズ州原産。高さ20~30m。花は白色~クリーム色。花期は11~3月。
 5  Corymbia tessellaris K.D.Hill & L.A.S.Johnson:Carbeen , Moreton Bay Ash , black butt
  オーストラリア、トレス海峡諸島、ニューギニア原産。高さ35m以下。花は白色。
 6  Corymbia maculata (Hook.) K.D. Hill & L.A.S.Johnson:spotted gum 
  オーストラリア固有種。高さ45(91)m以下。花は白色。
 7  Corymbia ptychocarpa (F.Muell.) K.D.Hill & L.A.S.Johnson:swamp bloodwood , pink-flowering bloodwood 。オストラリア北西部原産。高さ4.5~20m。花はピンク色。花期は2~3月。
 8  Corymbia eximia (Schauer) K.D.Hill & L.A.S.Johnson:yellow bloodwood
  ニューサウスウェールズ州原産。高さ20m以下。花はクリーム色。
 9  Corymbia gummifera (Gaertn.) K.D.Hill & L.A.S.Johnson:red bloodwood
  オーストラリア東部原産。高さ20~34(60)mの大きいゴムの木(marri)。樹皮はモザイク状(tessellated)。葉は薄く、光沢があり、油腺が明瞭。花は白色。種子に翼がない。
 10. Corymbia haematoxylon (Maiden) K.D.Hill & L.A.S.Johnson:mountain marri
  オーストラリア南西部原産。高さ2.5~15m。marriであるが、まれにmallee。樹皮はモザイク状。花は白色。果実の先が狭い。種子に翼が無い。
 11. Corymbia calophylla (Lindl.) K.D.Hill & L.A.S.Johnson:marri , Port Gregory gum , red gum
  オーストラリア西部原産。高さ40(60)m以下。樹皮は灰褐色~赤褐色、モザイク状。樹皮から赤色のゴム液が浸み出す。花は白色~ピンク色。

 コリンビア属の園芸品種

 最近ではコリンビア属の栽培種が多数、作られている。明るい色の花が枝先に密集し、壮観な景観を作り出している。栽培品種は低木~中木が多く、高いものは約8~10mになる。葉は光沢があり、長さ30㎝以下、幅5㎝以下。よく知られたWestern Australian red flowering gum (Corymbia ficifolia) の選択種や C.ficifolia と C.ptychocarpaなどのハイブリッドがある。Corymbia "Summer Red"と Corymbia "Summer Beauty"の2種が最も人気のあるハイブリッドである。.

【主な園芸品種】
Corymbia ficifolia 'Apricot Dawn' アプリコット色
Corymbia ficifolia 'Orange Splendour' 鮮やかなオレンジ色
Corymbia ficifolia ''Dwarf Orange'(='Baby Orange') オレンジ色、高さ2~3m
Corymbia ficifolia 'Wildfire' 目立つスカーレットレッド色(緋色), 高さ6m以下、新芽がブロンズ色
Corymbia ficifolia 'Baby Scarlet' 明るい赤色、高さ3m以下。
Corymbia ficifolia 'Calypso Queen'(= 'Watermelon') サーモン・ピンク色、高さ3~4(6)m。
Corymbia ficifolia 'Blackwell Blaze'
Corymbia ficifolia 'Blackwell Blitz'
Corymbia ficifolia 'Living Legend'
Corymbia ficifolia 'Vermillion Blaze'.
Corymbia ficifolia 'Wild Sunset' オレンジ色、新芽が緑色/ブロンズ色
Corymbia ficifolia 'Calypso'  サーモン・ピンク色、新芽が赤色
Corymbia ficifolia 'Fairy Floss'  淡ピンク色、高さ6m以下
Corymbia ficifolia 'Lollypops' (Powder Puff Pink) 高さ5~6m
Corymbia ficifolia 'Summer Time'
Corymbia eximia 'Nana'
Corymbia maculata 'Jessica's Jewel'
Corymbia 'Summer Red' (C.ficifolia x C.ptychocarpa) 赤色、高さ5m以下
Corymbia 'Summer Beauty'(C.ficifolia x C.ptychocarpa)柔らかなピンク色 高さ5m以下
Corymbia 'Summer Glory'(C.ficifolia x C.ptychocarpa) 濃ピンク色(vibrant pink)、高さ4~6m
Corymbia 'Summer Snow'(C.ficifolia x C.ptychocarpa) 白色、高さ5~7m


 参考

1)Corymbia Cultivars - Australian Native Plants Society..
  http://anpsa.org.au/c-red.html
2)Corymbia ficifolia
 https://www.anbg.gov.au/cpbr/cd-keys/euclid3/euclidsample/html/Corymbia_ficifolia.htm
3)PlantNET NEW SOUTH WALES FLORA ONLINE
 Genus Corymbia
  http://plantnet.rbgsyd.nsw.gov.au/cgi-bin/NSWfl.pl?page=nswfl&lvl=gn&name=Corymbia
4) FloraBase
 Corymbia K.D.Hill & L.A.S.Johnson
 https://florabase.dpaw.wa.gov.au/browse/profile/21820
TOP Back