ヤナギノギク  柳野菊
[学名] Aster hispidus Thunb. var. leptocladus (Makino) Okuyama
Heteropappus hispidus (Thunb.) Less. subsp. leptocladus (Makino) Kitam.
Aster leptocladus Makino
キク科 Asteraceae (Compositae)  シオン属
三河の植物観察
ヤナギノギクの花
ヤナギノギクの葉
ヤナギノギクの茎
ヤナギノギク
ヤナギノギク総苞
ヤナギノギクの葉
 ハマベノギク属 Heteropappusとして分類されることもある。ヤマジノギク(アレノノギク)の蛇紋岩地帯に生える変種に分類されている。
 全体に細く、まばらに分枝し、倒れぎみになる。葉は長さ3~6㎝、幅1.5~3㎜の線形。葉の縁に内側に曲がる毛が生える。花は枝頂につき、淡青紫色、直径2.5~3㎝。花期はサワシロギクが赤くなって終わる頃である。
[花期] 10~11月
[草丈] 30~80㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 日当たりのよい乾草原
[分布] 在来種 四国(高知県)
[撮影] 新城市  04.10.16
TOP Back