ヤナギバルイラソウ  柳葉ルイラ草
[別名] ムラサキイセハナビ、ヤナギバスズムシソウ
[中国名] 翠芦莉 cui lu li
[英名] Brittons wild petunia, Mexican bluebell, Mexican petunia , Spanish-ladies
[学名] Ruellia simplex C.Wright
Ruellia brittoniana Leonard
Ruellia tweediana Griseb
キツネノマゴ科  Acanthaceae   ルイラソウ属
三河の植物観察
ヤナギバルイラソウ花2
ヤナギバルイラソウ花
ヤナギバルイラソウ蕾
ヤナギバルイラソウ咢
ヤナギバルイラソウ茎
ヤナギバルイラソウ
ヤナギバルイラソウ花序
ヤナギバルイラソウ葉
 ヤナギバルイラソウ Ruellia simplex はキツネノマゴ科ルイラソウ属の栽培種。ルイラソウ属は約250種があり、世界の熱帯~温帯に広く分布する。ヤナギバルイラソウは広く栽培され、USAで帰化し、日本でも野生化が報告されている。いくつかの品種があり、高さ30㎝以下の矮性種や、花は紫色の他にピンク色、白色、淡紫色などの品種もある。
 低木、直立~広がり、高さ1m以下、ほぼ無毛の低い低木状。葉は無柄、線形又は線状長楕円形、長さ6~30㎝×幅5~16㎜、上面は脈が帯白色、基部は長く漸尖し、縁は全縁又はやや波打ち、先は鋭形。花は青紫色、頂生する葉のある散房花序状の円錐花序に、疎につく。苞は線形、長さ1~2㎝、鋭形。小苞は無い。花柄は長さ1.5㎝以下。咢は5裂、咢片は線形、長さ5~6㎜。花冠は外側が無毛、花冠筒部は長さ2~2.5㎝、下部は円筒形、上部で広がる。花冠の拡大部は裂片が開出し、長さ1~1.5㎝、先は円形、やや円鋸歯状。雄しべは突き出ず、花糸は無毛。葯は長楕円形、長さ約3㎜。花柱は糸状、長さ約2㎝、突き出ない。柱頭はわずかに曲がる。蒴果は楕円形、扁平、長さ1.8~2㎝、無毛、先が尖り、種子が12~14個入る。種子は円形、直径約2.5㎜、褐色。花期は4~11月。
[花期] 4~11月
[樹高] 50~100㎝
[生活型] 低木
[生育場所] 栽培種
[分布] 外来種 南アメリカ、メキシコ原産
[撮影] 豊川市  17.9.1

 ルイラソウ属

 Familia: Acanthaceae - genus Ruellia

 多年草(又は低木)、平伏~傾伏又は直立、鍾乳体(cystoliths)をもつ。葉は葉柄が無又は有。葉身は全縁~小円鋸歯~歯状。花序は腋生又は頂生、小さい又は広がった2出集散花序、ときに2出集散花序をもつ穂状花序、密穂花序又は円錐花序、ときに単生花に減少する。苞は対生、普通、緑色、全縁。小苞は2(又は無)。花は(無柄又は)類無柄~有花柄。咢は深5裂し、等形又は類等形。花冠は漏斗形、筒部は狭い円筒形、先は明瞭なのど部に広がり、拡大部は5裂、裂片は普通、卵形~円形、大きさは等形又は不等形、蕾は捻じれる。雄しべは4個、2強雄しべ、普通、花冠筒部から突き出ない。花糸はときに、基部で対に合着する。葯は2半葯、半葯は等しく、平行~類矢じり形、基部は無突起。仮雄しべは1個又は無。子房は各室に胚珠が10個以下。花柱は普通、花冠から突き出ず又はわずかに突き出る。柱頭は2裂し、裂片は等形又は不等形。蒴果は柄が有又は無、種子が(4~)12~26個、支持帯[弾糸](retinacula)があり、支持帯は隔壁に付着( Ruellia blechumでは離れる)支持帯又は熟した蒴果の壁の内側につく。種子は円盤形、普通、吸湿性の短毛がある。
 世界に約250種があり、熱帯~温帯に広く分布する。


 ルイラソウ属の主な種

 1  Ruellia blechum L.  トウダイハグロソウ
   synonym Blechum pyramidatum (Lam.) Urb
 南アメリカ、メキシコ原産。英名はBrowne's blechum , green shrimp plant 。中国名は赛山蓝 sai shan lan 。台湾、フィリピン、ハワイなどに帰化。
 多年草、高さ50㎝以下、根は塊茎状に膨れない。茎はわずかに4稜形、しばしば、平伏し、節から根を出し、まばらに、短毛がある~類無毛。葉柄は長さ0.5~2.5㎝、剛毛がある。葉身は卵形、長さ3~6㎝×幅2~4㎝、下面は淡色、類無毛、上面は緑色、まばらに剛毛があり、脈に密に軟毛があり、2次脈は5~8対、基部は鈍形~円形、葉柄にわずかに沿下し、全縁、先は鋭形。花序は頂生、密に長さ2~6㎝の穂状花序がつき、花序柄はほぼ無~短い。花序軸には剛毛がある。苞は類葉状、卵形、約長さ1.5㎝×幅1.3㎝、外面はわずかに有毛、縁毛がある。小苞は2個、披針状卵形、長さ5~9㎜×幅1.5~3㎜、縁毛がある。咢片は線形~錐形、外面に軟毛がある。花冠は白色~淡青色、長さ約1.5㎝(ときに閉鎖花があり、かなり小さく、蕾状)、裂片の外側は微軟毛があり、裂片は卵形、約長さ3㎜×幅2㎜。雄しべは長さ約4㎜の長い対と長さ3㎜の短い対がある。花糸は無毛。半葯は長さ約1㎜。子房には綿毛がある。花柱は長さ6~10㎜、わずかに粗毛がある。柱頭は普通、1裂片だけが明瞭。蒴果は類有柄、卵形~楕円形、長さ約6㎜、微軟毛があり、種子は8~12個入る。支持帯は隔壁につき、熟した蒴果の内側の壁から離れる。種子は直径約1.5㎜、縁に伏した吸湿性の毛状突起の目立つ帯をもつ。花期は11月。果期は11月。 2n = 34。

 2  Ruellia elegans Poir. ルエリア・エレガンス
 ブラジル、西インド諸島原産。英名 red ruellia , Brazilian petunia 。
 1年草又は多年草、直立し、高さ60㎝以下。小枝は4稜形、斜上し、多数、分枝し、有毛。葉は単葉、対生、楕円状長楕円形又は卵状披針形、長さ5~10㎝×幅2.5~4㎝、基部は楔形~漸尖形、先は尖鋭形、縁は不明瞭な円鋸歯又は全縁、鵜家面にまばらに剛毛があり、下面は類皮革状の無毛、側脈は6~8対、明瞭。葉柄は長さ1㎝以下、平ら、有毛。花序は腋生、総状花序、長さ15㎝以下。花序柄は長さ10㎝以下、有毛。花は幅4~5㎝、赤色、両性、放射相称、類芽柄。苞は各枝に1対、約長さ1.3㎝×幅0.4㎝、長楕円形、有毛。咢は5裂、咢片は敷石状、長さ1.5㎝以下、咢筒は極短く、咢片は基部で統合する。咢片は不等形、長さ1~1.3㎝、緑色、密に、絨毛がある。花冠は筒形、長さ約4.5㎝、わずかに曲がり、赤色、絨毛があり、先は5裂。裂片は倒卵形~鈍形、幅約1㎝、無毛。雄しべは4個、2強雄しべ。花糸は中間で合着し、不等長、長さ約8~15㎜、無毛。葯は長さ約5㎜、長楕円形、半葯は2個、多方向、黄白色。子房は円盤状楕円形、長さ約4㎜、有毛。花柱は長さ4.2㎝、線形、無毛、ピンク白色。柱頭は2裂、暗ピンク色。花期と果期は9~12月。
品種) 'Katie Blue' , 'Ragin' Cajun' , 'Rio Red'

 2  Ruellia repens L.  ルイラソウ
 中国、台湾、インドネシア、マレーシア、ミャンマー、フィリピン、タイ、ベトナム、パプアニューギニア原産。中国名は楠草 nan cao br> 。
 多年草、高さ15~50㎝、這う。根は塊茎状に膨れない。茎はほとんど4稜形、細かい毛があるか又は無毛。葉柄は長さ3~5㎜。葉身は卵形~線状披針形、長さ1.4~4㎝×幅0.8~2㎜、薄い紙質、両面にまばらに剛毛があり、2次脈は4~5対基部は広楔形~円形、縁は類全縁、先は尖鋭形~鋭形。花は腋生、単生(又は束生)。小苞は類葉状、卵形~卵状長楕円形、長さ8~10㎜。花柄は長さ1㎜以下。咢片は披針形、長さ約5㎜、まばらに縁毛がある。花冠は白色(又はピンク色~薄紫色)、長さ1.2~2㎝、外面は軟毛がある。花冠筒部は基部が幅約2㎜、長さ約5㎜、便腹形で次第に幅が広くなり、口部で幅約5㎜。花冠裂片は卵形、約名gさ3㎜×幅3㎜。先は鈍形。雄しべは長い対が長さ約5㎜、短い対が長さ約2㎜。花糸は無毛。半葯は長さ約1㎜。子房には綿毛がある。花柱は長さ約1㎝、粗毛がある。柱頭は裂片が不等長。蒴果は褐黄色、柄があり、長さ約1.2㎝、わずかに軟毛があり、種子を12~16個入れる、支持帯は隔壁につき、熟した蒴果の内側の壁について残る。種子は円盤形、直径約3㎜、縁に伏した吸水性の毛状突起の帯をもつ。花期は5~8月。果期は7~8月。 2n = 24.。

 3  Ruellia simplex C.Wright  ヤナギバルイラソウ(ムラサキイセハナビ)
   synonym Ruellia brittoniana Leonard
   synonym Ruellia tweediana Griseb.
   synonym Ruellia angustifolia (Nees) Griseb. ex Lillo
 南アメリカ、メキシコ原産。英名はBrittons wild petunia, Mexican bluebell, Mexican petunia , Spanish-ladies。中国名は翠芦莉 cui lu li。USAに帰化。
 低木、直立~広がり、高さ1m以下、ほぼ無毛の低い低木状。葉は無柄、線形又は線状長楕円形、長さ6~30㎝×幅5~16㎜、上面は脈が帯白色、基部は長く漸尖し、縁は全縁又はやや波打ち、先は鋭形。花は青紫色、頂生する葉のある散房花序状の円錐花序に、疎につく。苞は線形、長さ1~2㎝、鋭形。小苞は無い。花柄は長さ1.5㎝以下。咢は5裂、咢片は線形、長さ5~6㎜。花冠は外側が無毛、花冠筒部は長さ2~2.5㎝、下部は円筒形、上部で広がる。花冠の拡大部は裂片が開出し、長さ1~1.5㎝、先は円形、やや円鋸歯状。雄しべは突き出ず、花糸は無毛。葯は長楕円形、長さ約3㎜。花柱は糸状、長さ約2㎝、突き出ない。柱頭はわずかに曲がる。蒴果は楕円形、扁平、長さ1.8~2㎝、無毛、先が尖り、種子が12~14個入る。種子は円形、直径約2.5㎜、褐色。花期は4~11月。
品種) 'Blanquita' , 'Blue Shade' , Bonita™ , 'Chi Chi' , 'Clean White Katie' , 'Compacta Katie' , 'Dwarf White' , 'Purple Showers' , 'Icicle' , 'Katie' , 'Mexican Carpet' , 'Pink Shorts' , 'Purple Fountain' , 'Royal Carpet' , 'Snow Queen' , 'Southern Star Blue' , 'Southern Star White' , 'Strawberries & Cream' , 'White Ruffles' , 'White Snow'

 4  Ruellia squarrosa (Fenzl) Cufod.  ケブカルイラソウ
 熱帯アメリカ、メキシコ原産。英名はruellia
 多年草、しばしば水生植物園や池の水草として生育する。高さ25~30㎝、幅も同程度。茎や葉に粗毛が密生する。葉は狭卵形、波打ち、暗紫緑色。花はペチュニア形の紫青色。花期は夏。ほとんどの植物学者は栽培種とし、植物学的に認められた種ではない。花期は5~12月。

 5  Ruellia tuberosa L.  ムラサキルエリア
 南アメリカ、熱帯アメリカ原産。英名は Minnieroot、fever root、snapdragon root、sheep potato。中国名は块根芦莉草 kuai gen lu li cao。
 多年草、直立し、高さ 60 (~70)以下。茎は丈夫で4稜形、節が膨れ、紫色を帯び、まばらに毛がある傾向がある。 根は細く、長く、いぼ状。葉柄は長さ2㎝以下。葉身は長楕円状倒卵形~倒披針形、長さ 5~9 (~10)㎝×幅2~4㎝、光沢があり、基部は楔形~漸尖形、縁は全縁~± 波打ち、先は鈍形~やや鋭形、しばしば微突形。花は短い花柄があり、青紫色、長さ5~5.5㎝、幅約3.5㎝、単生、又は頂生又は腋生の集散花序に花が1~3個つく。苞と小苞は線状披針形、長さ約5㎜。咢片は±等しく、線形、長さ1.3~2㎝、縁毛があり、鋭形。花冠は外側に毛があり、花冠筒部は長さ約3.5㎝、基部で急に狭くなる。拡大部は5裂、裂片は±等しく、卵形、長さ約1.5㎝、開出する。雄しべは葯が長楕円状矢じり形、長さ約4㎜、微軟毛がある。子房は長楕円形、長さ約4㎜、無毛。花柱は長さ2.3~2.5㎝。蒴果は長楕円形、長さ2.2~3㎝、無毛又はざらつき、、種子が24~28個入り、」先に小さな嘴がある。種子は扁平、円形、直径、約2㎜、有毛。花期は通年。

 6  その他ハイブリッド
品種) 'Black Beauty' , 'Blue Royale' , 'Ground Hugger' , 'Mr Foster' , 'Pink Passion' , 'White Diamonds'


 参考

1)Ruellia in Flora of Pakistan @ efloras.org
  Ruellia
  http://www.efloras.org/florataxon.aspx?flora_id=5&taxon_id=128847
2) GRIN
  Ruellia
  https://npgsweb.ars-grin.gov/gringlobal/taxonomygenus.aspx?id=10578
3) Flora of China
 Ruellia
 http://www.efloras.org/florataxon.aspx?flora_id=2&taxon_id=128847
4) Ruellia squarrosa - Plant Finder - Missouri Botanical Garden
 Ruellia squarrosa
 http://www.missouribotanicalgarden.org/PlantFinder/PlantFinderDetails.aspx?taxonid
  =275302&isprofile=0&
5) (PDF) Ruellia elegans Poir. (Acanthaceae): A new plant record for ...
 Ruellia elegans Poir. (Acanthaceae): A new plant record for Eastern India
 https://www.researchgate.net/publication/312032149_Ruellia_elegans_Poir_Acanthaceae
  _A_new_plant_record_for_Eastern_India



TOP Back