ヤマウツボ  山靫
[別名] ゲンジウツボ
[中国名] 齿鳞草 chi lin cao
[学名] Lathraea japonica Miq.
ハマウツボ科 Orobanchaceae  ヤマウツボ属
ヤマウツボの蕾
ヤマウツボの花2
ヤマウツボ
ヤマウツボの花
 樹木の根に寄生する。科はゴマノハグサ科からハマウツボ科に移動された。
 太い茎を直立し、長さ10~20㎝の穂状花序に小さな白~淡紅紫色の花を多数つける。花冠は長さ15~17㎜の筒状、先が唇形。花柱は長さ12~14㎜、花冠から長く突き出る。萼は長さ7~9㎜の鐘形、先が4裂し、裂片の長さ4~5㎜、白毛が密生する。苞は長さ6~9㎜の狭卵形、膜質。蒴果は長さ5~7㎜の倒卵形、種子が4個入る。種子は直径1.8~2㎜。
[花期] 5~7月
[草丈] 10~30㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 落葉樹林内
[分布] 在来種  在来種  本州(関東地方以西)、四国、九州、朝鮮、中国
[撮影] 面ノ木 07.5.12
TOP Back