ヤマオオイトスゲ  山大糸菅
[学名] Carex clivorum Ohwi
カヤツリグサ科 Cyperaceae  スゲ属
三河の植物観察
ヤマオオイトスゲの花序
ヤマオオイトスゲの雌小穂
ヤマオオイトスゲの葉縁の小刺
ヤマオオイトスゲ
ヤマオオイトスゲ基部の鞘
ヤマオオイトスゲ果胞と果実
ヤマオオイトスゲ葉表
ヤマオオイトスゲ葉裏
 根茎は短く、密に叢生し、大株となり、匐枝は出さない。基部の鞘は濃い褐色。葉は硬く、幅2~4㎜、やや硬く、扁平、葉縁の小刺は上向きで鋭い。葉面に波状の凸凹がある。苞は有鞘、葉身は短い。 雄性の頂小穂は長さ約2㎝、緑白色。雌性の側小穂は長さ1.5~2㎝。果胞は長さ約4㎜、嘴が長く、有毛。鱗片は果胞より短く、緑白色。痩果は長さ約2㎜、果胞よりかなり小さい。柱頭は3岐。
 チャイトスゲはまばらに叢生し、匐枝を出す。葉の幅が1.5~3㎜、基部の鞘が褐色、雌鱗片は淡緑色。果胞は長さ3~3.5㎜、無毛~まばらに短毛があり、嘴の長さは中位。
[花期] 4~5月
[草丈] 20~40㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 山地の林内、林縁
[分布] 在来種(日本固有種) 本州(関東地方西部、東海地方)
[撮影] 設楽町 13.5.15
TOP Back