ヤマニガナ 山苦菜
[中国名]

毛脉翅果菊 mao mai chi guo ju

[学名] Lactuca raddeana Maxim. var. elata (Hemsl.) Kitam.
キク科  Asteraceae  アキノノゲシ属
三河の植物観察
ヤマニガナの花序
ヤマニガナの花
ヤマニガナの雌しべ
ヤマニガナ花弁の裏
ヤマニガナの総苞
ヤマニガナの果実
ヤマニガナの茎
ヤマニガナ
ヤマニガナの上部の葉
ヤマニガナの下部の葉
ヤマニガナの下部の葉2
ヤマニガナの果実とムラサキニガナの果実
 ムラサキニガナと同様に細くて草丈が高く、全形がムラサキニガナ似た雰囲気がある。
 茎は直立する。葉は互生し、長さ 5~16㎝、幅2~8.5㎝の卵形~卵状楕円形、下部ほど大きく、下部の葉は羽裂する。葉裏は白毛が多く、淡緑色。葉柄は長さ2~10㎝、翼がある。花は円錐花序にややまばらにつく。頭花は黄色、直径約1㎝、上向きに咲く。舌状花は7~13個で、9~11個ほどになるものが多い。舌状花の小舌の先に5歯があり、歯裏がオオジシバリと同じように赤くなることがある。ムラサキニガナの花が終わった頃、普通、咲き始める。総苞は長さ8~10㎜、下部がやや膨れ、花後には丸く膨らみ、長さ9~11㎜、幅4~5㎜。外総苞片は三角状卵形~披針形、長いもので長さ約5㎜。内総苞片は鈍頭、5~6個。痩果は長さ(3)4~5㎜、幅1.5~3㎜の扁平な惰円形、両面に3肋があり、長さ約0.5㎜の太い嘴が明瞭、冠毛は長さ6~8㎜、白色。2n=18。
[花期] 8~9月
[草丈] 80~200㎝
[生活型] 2年草
[生育場所] 山地の林縁
[分布] 在来種 北海道、本州、四国、九州、朝鮮、中国、ロシア、ベトナム
[撮影] 三ヶ根山   05.7.30
TOP Back