ヤマジオウ  山地黄
[学名] Lamium humile (Miq.) Maxim.
シソ科 Lamiaceae (Labiatae)  オドリコソウ属
三河の植物観察
ヤマジオウ
ヤマジオウ
ヤマジオウ
 茎は下部が這い、短く立ち上がり、匍匐する地下茎がある。葉は長さ3~7㎝、長楕円状倒卵形、葉脈が深く、しわがある。葉の両面の中肋上に毛が斜上する。葉柄はほとんど無く、あっても短い。茎の先の葉脇に2~3個の唇形花が固まってつく。花冠は淡紅色、長さ1.2~1.5㎝、細かい毛が密生し、内面の基部に毛環がある。萼は長さ約7㎜、10脈がある。
[花期] 7~8月
[草丈] 5~10㎝
[生活型] 多年生
[生育場所] 山地の林内
[分布] 在来種 本州(神奈川県以西の太平洋側)、四国、九州
[撮影] 鳳来寺山   03.7.26
TOP Back