ヤダケ  矢竹
[別名] ノジノ、シノベ、ヤジノ
[英名] arrow bamboo
[学名] Pseudosasa japonica (Siebold et Zucc. ex Steud.) Makino ex Nakai
イネ科 Poaceae  ヤダケ属
三河の植物観察
ヤダケ葉耳と葉舌
ヤダケ節
ヤダケ稈と稈鞘
ヤダケ筍
ヤダケ
ヤダケ枝先
ヤダケ葉
ヤダケ葉表
ヤダケ葉裏
 和名は弓の矢の材料としたことから。弓矢のほか、釣りざお、筆軸などに利用される。全国各地で古くから栽培されており、原産地は不明である。
 稈鞘は節間とほぼ同長、まれに節間の2/3ほどの短いものもあり、白っぽくなり粗毛がある。稈は断面がほぼ正円、節間長が長く30㎝前後、直径5~15㎜、節は平坦で、膨らまない。芽溝部も低い。稈の中部以下では枝は無く、上部の節から枝は普通1本、稀に2~3本出る。葉は大きく、長さ25~35㎝、幅2.5~3.5㎝、披針形、革質、両面とも無毛。葉鞘は無毛。葉耳は発達せず、肩毛は褐色~白色で直立又は無い場合が多い。
 スズタケも節が平坦で、稈鞘が節間より長い。高さが1~2mと低く、稈も細い。
[稈長] 2~5m
[生活型] ササ類
[生育場所] 竹藪
[分布] 在来種 原産地不明
[撮影] 豊川市 12.7.4
TOP Back