ヤブマメ  藪豆
[中国名] 两型豆 liang xing dou
[英名] Chinese hog-peanut
[学名] Amphicarpaea edgeworthii Benth.
Amphicarpaea bracteata (L.) Fernald subsp. edgeworthii (Benth.) H.Ohashi var. japonica (Oliv.) H.Ohashi
マメ科 Fabaceae  ヤブマメ属
三河の植物観察
ヤブマメ花序
ヤブマメ花
ヤブマメ萼
ヤブマメ葉
ヤブマメ茎
ヤブマメ果実
ヤブマメ果実の縁毛
ヤブマメ
ヤブマメ葉
ヤブマメ葉裏
ヤブマメ種子
  ヤブマメ var. japonica やウスバヤブマメ var. trisperma などの変種に分けることもあるが、分けないことが多い。
 茎、葉柄にやや開出ぎみの毛が生える。葉は3小葉、小葉の長さは3~6㎝の広卵形、両面に毛がある。花は短い総状花序に密集してつく。花冠は長さ1.5~2㎝、白色で、旗弁が淡紫色。閉鎖花を総状花序とは別に短い柄につけ、豆果はほとんど閉鎖花からできる。果実(豆果)は扁平、2~3個の種子を入れ、長さ2.5~3㎝、縁に長毛があり、他は無毛。地下にも閉鎖花をつけ、1種子だけの豆果をつける。種子は扁平球で、直径約3.5㎜、ウズラ卵のような黒い斑点がある。2n=22。
 ツルマメは少し似ており、混生していることもある。小葉が細く、花の長さが短く、小型。果実は全体に毛があり、種子の表面もざらつく。
[花期] 9~10月
[草丈] つる性
[生活型] 1年草
[生育場所] 林縁、草地
[分布] 在来種  本州(関東地方以西)、四国、九州、朝鮮、中国、ロシア、インド、ネパール、ベトナム
[撮影] 幡豆町  11.10.16
TOP Back