ウチョウラン  羽蝶蘭
[学名] Ponerorchis graminifolia Rchb. f.
Orchis graminifolia (Rchb. f.) T. Tang et F.T. Wang ........ basionym
ラン科 Orchidaceae  ハクサンチドリ属
三河の植物観察
ウチョウランの花
ウチョウランの花2
ウチョウランの葉
ウチョウラン
ウチョウランの花序
 自生は少ないが、栽培は比較的容易であり、園芸種として栽培され、園芸品種も多い。
 根は球形に肥厚する。葉は互生し、茎の途中に2~3個つき、長さ7~12㎝、幅3~8㎜の線形~広線形、先は尖り、基部はやや茎を抱き、葉鞘となる。茎頂の小花序に数個~十数個の花をつける。花は紅紫色、苞は長さ7~12㎜の狭披針形。背萼片は側花弁2個とほぼ同長、側花弁を覆うようにつく。側萼片は長さ5~6㎜、横~斜め上につく。唇弁は長さ約13㎜、幅約13㎜、3深裂し、中裂片の先は円頭~微凹頭。距は長さ10~15㎜、前方へ湾曲する。
[花期] 6~8月
[草丈] 7~20㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 山地の湿った岩場
[分布] 在来種 本州(関東地方以西)、四国、九州、朝鮮
[撮影] 新城市 14.7.16
TOP Back