ウチワゼニグサ  団扇銭草
[別名] タテバチドメグサ、ウォーターマッシュルーム、ウォーターコイン
[英名] whorled pennywort, shield pennywort,water pennywort
[学名] Hydrocotyle verticillata Thunb.
Hydrocotyle verticillata Thunb. var. triradiata (A. Rich.) Fernald
セリ科 Apiaceae (Unbelliferae)  チドメグサ属
三河の植物観察
ウチワゼニグサ花
ウチワゼニグサ果実
ウチワゼニグサ表の葉脈
ウチワゼニグサ葉縁
ウチワゼニグサ茎
ウチワゼニグサ
ウチワゼニグサ葉
 和名は葉の形が団扇(うちわ)の様で、硬貨にも似ていることに由来するといわれ、ウォーターマッシュルームの名で水草として流通している。1960年代に熱帯魚用の水草として輸入されたものといわれている。小さな水田1枚が全部、ウチワゼニクサで覆われていた。
 全体に柔らかく、無毛。茎は這い、節から5~25(40)㎝の長い葉柄の葉と根を出す。葉は直径1~4(6)㎝の円形で、光沢があり、葉の中心に楯状に葉柄がつき、葉脈が放射状に出て、葉縁はごく浅く、8~13(7~14)の切れ込みがあるが、深い切れ込みはない。小さな散形花序であり、1~15個の白色の花が2~3段に輪生する。花柄は長さ15~20㎝、小花柄は長さ1~数㎜。果実は長さ1~3㎜の惰円形。隆条は稜が明瞭。
 ウォーターマッシュルームの名で呼ばれる水草は数種が混同されて取り扱われている。
 Marsh Pennywort ミニマッシュルーム(H. vulgaris)もタテバチドメグサと呼ばれることがある。葉が直径1~4㎝、葉柄5~8㎝と小型。
 特定外来生種のブラジルチドメグサ( H. ranunculoides) は葉に深い切れ込みがあり、繁殖力が強く、葉柄が1mに達することがある。
 アマゾンチドメグサ(H.leucocephala)も葉に深い切れ込みがあり、茎が這わずに立ち上がる。
[花期] 6~8月
[草丈] 這う
[生活型] 多年草
[生育場所] 湿地、沼地
[分布] 帰化種  北アメリカ、南アメリカ、ハワイ、アフリカ原産
[撮影] 豊橋市 11.10.6
TOP Back