ウチワダイモンジソウ  団扇大文字草
[学名] Saxifraga fortunei Hook.f. var. obtusocuneata (Makino) Nakai
ユキノシタ科 Saxifragaceae  ユキノシタ属
三河の植物観察
ウチワダイモンジソウの花
ウチワダイモンジソウ葉
ウチワダイモンジソウ葉裏
ウチワダイモンジソウの葉2
ウチワダイモンジソウ
ウチワダイモンジソウ花
 葉は茎の下部に固まってつき、長い柄がある。葉の質はやや厚く、葉身は長さ2~5㎝の倒卵形、3~7裂し、基部は楔形又はときに切形。花はダイモンジソウと同じで、上部の3個の花弁が短く、下部の2個の花弁が長い「大」の文字の形をしている。雄しべ10個、葯は橙色。
 ダイモンンジソウは葉が5~10裂し、基部が心形、表面にまばらに毛が生える。ジンジソウは花の上部の3個の花弁が小さなスペード形、黄色い斑点がある。
[花期] 9~10月
[草丈] 10~30㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 渓流沿いの岩場
[分布] 在来種(日本固有変種)  本州、四国、九州
[撮影] 新城市(鳳来町) 06.11.3
TOP Back