ウスイロイヌヤマハッカ  薄色犬山薄荷
[学名] Isodon umbrosus (Maxim.) H.Hara form. lilacinus Asai
シソ科  Lamiaceae (Labiatae) ヤマハッカ属
三河の植物観察
ウスイロイヌヤマハッカ花序
ウスイロイヌヤマハッカ花前
ウスイロイヌヤマハッカ萼
ウスイロイヌヤマハッカ茎
ウスイロイヌヤマハッカ
ウスイロイヌヤマハッカ花横
ウスイロイヌヤマハッカ花柄
ウスイロイヌヤマハッカ葉表
 イヌヤマハッカの淡紅色品種。青紫色のイヌヤマハッカに混成していた。花柄の短毛は開出する直毛ではなく、曲がっていた。
 【イヌヤマハッカIsodon umbrosus (Maxim.) H.Hara  】
 本州(関東地方西南部~中部地方東南部)のブナ帯に分布。
 高さ(20)60~80㎝。茎は4稜形で、下向きの毛が生える。葉は対生し、葉柄は長さ0.5~2㎝。葉身は長さ3~10㎝、幅1~3(3.5)㎝の長楕円形~披針形、縁は鈍鋸歯~鋭鋸歯、葉先は鋭形、葉の基部は楔形~広楔形~切形、翼のついた葉柄に続く。葉表にまばらに毛が生え、葉裏の中央脈には曲がった毛が生え、葉裏には腺点がある。花柄は紫褐色を帯び、開出する短毛が密生する。花は総状花序状につく。苞は幅が広く、卵形~楕円形。萼は2唇形、短毛が密生し、萼歯は三角形、先は鋭形、上側の萼歯が下側よりやや長く、ほとんど同じ長さの時もある。。花冠は短毛があり、青紫色、長さ8~9㎜、上唇は浅く4裂し、班紋はなく、下唇の縁が内巻きになって舟形に突き出す。雄しべ、雌しべとも花冠より短く、舟の中に納まる。葯は黒褐色。果実は4分果。2n=24
 白花品はシロバナノイヌヤマハッカ form. albiflorus Tuyama.という。
[花期] 9~10月
[草丈] (20)60~80㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 林内、林縁
[分布] 在来種(日本固有種) 本州(関東地方西南部~中部地方東南部)
[撮影] 茶臼山周辺  17.9.13
TOP Back