ウスゲタマブキ  薄毛珠蕗
[学名] Parasenecio farfarifolius (Siebold et Zucc.) H.Koyama var. farfarifolius
Cacalia farfarifolia Siebold et Zucc. var. farfarifolia
キク科 Asteraceae (Compositae)  コウモリソウ属
三河の植物観察
ウスゲタマブキの花序
ウスゲタマブキのむかご
ウスゲタマブキのむかご拡大
ウスゲタマブキ
ウスゲタマブキ葉
 葉腋にむかごがつく。葉は互生し、長さ13~21㎝、幅13~21㎝の三角状心形、葉縁に浅い鋸歯があり、分裂しない。葉表は粗い毛を散生し、葉裏はクモ毛が薄くあるかほとんど無毛。長い葉柄がある。葉の間から長い花柄を直立し、上部の円錐花序に小さな白色の頭花を多数つける。頭花には両性の黄色の筒状花が5~6個つく。総苞は長さ9~10㎜。総苞片は1列に5個つく。痩果は長さ約6.5㎜、円柱形。冠毛は長さ約8㎜、白色。
 モミジタマブキはウスゲタマブキに似て、葉の縁が不整に切れ込むもの。ウスゲタマブキと同じような場所に生える。
[花期] 8~10月
[草丈] 50~140㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] スギ林などの湿った林内、林縁
[分布] 在来種(日本固有種) 本州(関東地方以西)、四国、九州
[撮影] 設楽町  14.9.23
TOP Back