ウサギギク  兎菊
[別名] キングルマ
[学名] Arnica unalaschcensis Less. var. tschonoskyi (Iljin) Kitam. et Hara
キク科  Asteraceae  ウサギギク属
ウサギギクの花
ウサギギクの花とクジャクチョウ
ウサギギク
 和名は葉がうさぎの耳に似ていることから。茎は直立し、分枝しない。葉は対生し、2~3対つき、無柄、長さ6~12㎝、下部の葉はさじ形、上部の葉は鋸歯がはっきり見えてウサギの耳には似ていない。黄色の頭花が1個ずつ茎頂に上向きにつく。頭花は直径3.5~5㎝、筒状花の周りに舌状花が並び、舌状花の先は3~5裂する。総苞は半球形。痩果は長さ4~5㎜、長い冠毛がある。
[花期] 7~8月
[草丈] 7~35㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 高山の礫地や乾いた草地
[分布] 在来種  北海道、本州(高山帯)、千島列島、アリューシャン列島
[撮影] 乗鞍岳畳平 06.8.20
TOP Back