ウリクサ  瓜草
中国名] 母草 mu cao
[英名] oakleaf goosefoot, Malaysian false pimpernel
[学名] Lindernia crustacea (L.) F.Muell.
アゼナ科 Linderniaceae  アゼナ属
三河の植物観察
ウリクサの花
ウリクサの花冠
ウリクサの萼
ウリクサの果実・ウリ
ウリクサのウリの中
ウリクサのウリの種子
ウリクサの葉
ウリクサ
ウリクサの果実
ウリクサ種子
ウリクサの葉
 ゴマノハグサ科からオオバコ科に移されたが、APG III(2009年版)ではアゼナ科として分離された。
 夏から秋に畦道などで、普通に見られる。茎は地をはって広がる。茎は4稜形、わずかに毛があり、分岐して四方へ広がる。葉は対生し、長さ0.7~2㎝、幅0.6~1.3㎝、柄があり、粗い鋸歯縁。花は唇形で、長さは7~8㎜。上唇は先が浅く2裂する。下唇は3裂し、中央の裂片に濃い青紫色の斑紋があり、花弁の縁の色がやや濃いという特徴がある。萼にも特徴があり、浅く5裂し、縦に5個の高い稜がある。雄しべは4個、下側2個の基部に棒状突起がつく。蒴果は長楕円形で、マクワウリに似ていることが和名の由来である。
 春に咲くムラサキサギゴケより小さい。類似の紀伊半島、四国南部、奄美など南方に分布するシソバウリクサは萼片が深く5裂する。アゼトウガラシは葉の鋸歯が目立たず、花冠の基部が淡紅紫色で、果実が唐辛子のように長い。
[花期] 8~10月
[草丈] 5~10㎝
[生活型] 1年草
[生育場所] 空地、畑、水田畔道
[分布] 在来種 日本全土、朝鮮、中国、台湾、インド、ネパール、スリランカ、カンボジア、ラオス、ミャンマー、タイ、ベトナム、マレーシア、フィリピン、オーストラリア
[撮影] 幡豆町 05.9.13    実05.10.15
TOP Back