ウラジロハナヒリノキ  裏白嚏の木
[別名] コシノハナヒリノキ
[学名] Eubotryoides grayana (Maxim.) H.Hara var. hypoleuca (Nakai) H.Hara
Leucothoe grayana Maxim. var. hypoleuca Nakai
ツツジ科 Ericaceae  イワナンテン属
三河の植物観察
ウラジロハナヒリノキの花
ウラジロハナヒリノキの花2
ウラジロハナヒリノキの萼
ウラジロハナヒリノキ
ウラジロハナヒリノキ花序
 ハナヒリノキより高地にへ生え、小型。
 葉は互生し、長さ1.5~6㎝、卵状楕円形~楕円形、先が尖り、基部は円形。葉裏は白色を帯びる。枝先に長い総状花序を伸ばし、つぶれた壺形の淡緑色の花を下向きにつける。花冠の先は5裂し、捲れ上がる。花序軸は無毛。果実は蒴果で、上向きになる。
[花期] 7~8月
[樹高] 10~50㎝
[生活型] 落葉低木
[生育場所] 低山~亜高山の尾根、岩場
[分布] 在来種(日本固有種)  本州(東北地方~中部地方、中国地方)
[撮影] 八方尾根  07.7.28
TOP Back