ウンヌケモドキ
[別名] コカリヤス
[中国名] 四脉金茅 si mai jin mao
[学名] Eulalia quadrinervis (Hack.) Kuntze
イネ科 Polygonaceae  ウンヌケ属
三河の植物観察
ウンヌケモドキの穂
ウンヌケモドキの葉鞘
ウンヌケモドキの節
ウンヌケモドキの小穂
ウンヌケモドキ
ウンヌケモドキ葉
ウンヌケモドキ根元
 茎は叢生し、直立する。茎の断面は円形で、中実。茎の基部につく葉は赤褐色の鱗片状になり、無毛で光沢がある。葉は長さ10~30㎝、幅3~7㎜、やや柔らかく、葉の両面及び縁に白毛がある。葉鞘には白毛が密生する。花序の総はススキより少なく、2~7個、長さ10~15㎝。小穂は有梗と無梗のものが対になり、ともに長さ5~6㎜。小穂の基毛が著しい。結実しない第1小花と結実する第2小花があり、第2小花の護穎(第4穎)には長い芒がある。2n=20
 よく似たウンヌケは茎がさらに長く、葉はざらつくが無毛、葉鞘には褐色の短毛が密生する。
[花期] 9~10月
[草丈] 60~100㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 日当たりのよい草地、半裸地
[分布] 在来種 本州(東海地方以西)、四国、九州、沖縄、朝鮮、中国、台湾、インド、ブータン、ネパール、ミャンマー、フィリピン、タイ、ベトナム
[撮影] 田原市  06.10.21
TOP Back