ウメガサソウ  梅笠草
[中国名] 喜冬草 xi dong cao
[学名] Chimaphila japonica Miq.
ツツジ科 Ericacea  ウメガサソウ属
三河の植物観察
ウメガサソウ花
ウメガサソウ花
ウメガサソウ萼
ウメガサソウ花後
ウメガサソウ
ウメガサソウ葉
 イチヤクソウ科 Pyrolaceae はツツジ科に統合された。
 根茎は下向きに又は這い、短い。茎は直立する。葉は長さ1~3.5㎝、幅3~15㎜の長楕円形~披針形、光沢があり、革質、縁に鋭い鋸歯があり、先が尖る。茎頂に長い花柄を出し、下向きに花を1個つける。花冠は白色、直径約1㎝、5裂する。萼片は5個。雄しべ10個。蒴果は長さ4~7㎜の扁球形。2n=26
[花期] 6~7月
[樹高] 10~15㎝
[生活型] 常緑小低木
[生育場所] 丘陵、山地の林内
[分布] 在来種 北海道、本州、四国、九州、朝鮮、中国、台湾、ロシア、ブータン
[撮影] 足助いこいの森  06.7.2
TOP Back