ウマノミツバ  馬の三葉
[別名] ヤマミツバ
[中国名] 变豆菜 bian dou cai
[英名] Japanese parsley,Japanese hornwort
[学名] Sanicula chinensis Bunge
セリ科 Apiaceae (Unbelliferae)  ウマノミツバ属
ウマノミツバの蕾の花序
ウマノミツバの果実
ウマノミツバの果実1
ウマノミツバの葉裏
ウマノミツバ葉
ウマノミツバ葉柄の基部
ウマノミツバ基部
ウマノミツバ
ウマノミツバ花序
ウマノミツバ葉
ウマノミツバ分果と種子
 茎は直立し、上部でよく分枝する。全体に無毛。根生葉は3~5裂し、中央裂片は長さ3~10㎝、幅4~13㎝、基部は楔形、 側小葉は基部近くまで2裂することもあり、縁には不規則な重鋸歯がある。切れ込みの深さは変化があり、3裂の葉がミツバに似ていることもある。葉表に皺があり、葉裏に葉脈が隆起する。葉柄は長く、7~30㎝。葉柄の基部は鞘状、縁が膜質。茎葉は小さく、無柄~短柄、3裂する。苞は3裂して葉状。小苞は8~10個つき、長さ1.5~2㎝、幅約1㎜の線形。小形の複散形花序に花を6~10個つける。花序に3~4個の無柄の両性花と3~7個の雄花が混生する。両性花は子房に鈎状毛が密生する。雄花は長さ1~1.5㎜の花柄がある。花弁は5個、白色で内側に曲がる。果実は長さ4~5㎜、幅3~4㎜、 球形で粗い鈎状刺毛が密生し、2分果、それぞれ1種子が入る。分果の接合面は平ら。2n=8, 16。
 フキヤミツバ Sanicula tuberculata は本州(中部地方以西)、四国、九州、朝鮮に分布する稀産種。草丈8~20㎝以下と小型。茎頂に葉状の苞を対生し、1(~3)個の小散形花序に花を3~20個つける。雄花と雌花を混生する。花弁は緑色。刺毛は先が鉤状にならない。
[花期] 7~9月
[草丈] 30~100(120)㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 林内
[分布] 在来種  日本全土、朝鮮、中国、ロシア
[撮影] 田原市 13.9.18(果実) 14.6.13(花)
TOP Back