ツルコウジ  蔓柑子
[中国名] 九节龙 jiu jie long
[学名] Ardisia pusilla A. DC.
サクラソウ科 Primulaceae  ヤブコウジ属
三河の植物観察
ツルコウジ2
ツルコウジの果実
ツルコウジの葉柄
ツルコウジの茎
ツルコウジ
ツルコウジ葉
 新分類(APG)ではヤブコウジ科はサクラソウ科へ含められた。
 蔓性の茎が地上を横に這い、褐色の長軟毛がある。葉は互生し、茎頂に3~5個が輪生する。葉の長さ2~6㎝、幅2~3㎝の卵形~長楕円形、縁に粗い鋸歯があり、長軟毛がある。花は葉に隠れるように、下向きにつく。花の直径は6~7㎜、花冠は白色、5裂する。果実は直径5~6㎜の球形、冬に赤く熟し、春まで見られる。
 類似のヤブコウジは葉の鋸歯が細かく、茎が地上を這わない。
[花期] 6~8月
[樹高] 10~15㎝
[生活型] 常緑小低木
[生育場所] 山地の林内
[分布] 在来種 本州(千葉県以西)、四国、九州、朝鮮、中国、マレーシア、フィリピン
[撮影] 牛の滝(一宮町)  05.1.10
TOP Back