ツルボ  蔓穂
[別名] サンダイガサ  参内傘
[中国名] 绵枣儿 mian zao er
[学名] Barnardia japonica (Thunb.) Schult. et Schult.f.
Scilla scilloides (Lindl.) Druce
キジカクシ科 Asparagaceae  ツルボ属
三河の植物観察
ツルボの花
ツルボの葉
ツルボの果実
ツルボ
ツルボの果実
 キジカクシ科は旧分類のユリ科から分割された。
 乾燥にも強く、道端、土手などの日当たりの良いところを好む。鱗茎は黒褐色の球形。葉は長さ10~25㎝、幅約5㎜の線形で、2枚根生し、花期には根生葉は見られないものもある。淡紅紫色の花を総状花序につけ、花被片6個、雄しべも6個。花は下の方から咲く。蒴果はほぼ球形。熟すと上が開いて、中の3個の黒色の種子が落ちる。2n=16,18,26,27,34,35,36,43
[花期] 8~9月
[草丈] 20~40㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 日当たりの良い場所
[分布] 在来種  日本全土、朝鮮、中国、台湾、ロシア
[撮影] 御津町 05.9.10
TOP Back