ツノハシバミ  角榛
[別名] ナガハシバミ
[英名] Japanese hazel , Siebold filbert
[学名] Corylus sieboldiana Blume var. sieboldiana
Corylus sieboldiana Blume form. mitis (Maxim.) Sugim.
カバノキ科  Betulaceae  ハシバミ属
三河の植物観察
ツノハシバミの雄花序
ツノハシバミの雌花序
ツノハシバミの花後
ツノハシバミの果実
ツノハシバミの幹
ツノハシバミ
ツノハシバミ花序
ツノハシバミ果実2
ツノハシバミ葉
 幹は淡灰褐色、平滑、円形~横長の皮目がある。若枝は灰緑色、有毛。葉は互生し、長さ5~11㎝、幅3.~7㎝の広倒卵形、縁に不揃いの鋭い重鋸歯があり、先は急に尖り、基部は円形。葉脈は裏面に突出し、側脈は8~10対。葉裏の脈上には毛が生え、脈腋に毛叢がある。葉柄は長さ0.5~2㎝、有毛。托葉は早落性、長さ5~9㎜の狭卵形。雌雄同株。葉の展開前に開花する。雄花序は2~4個、束状につき、垂れ下がる。雄花は多数の苞の内側に1個ずつつき、雄しべ8個。雌花は2~4個固まって、芽鱗に包まれ、開花すると赤い柱頭だけが見える。花後に小苞が筒状になり、果実を包み、果苞となる。果苞は長さ3~7㎝、先が嘴状に細くなり、刺毛が密生する。堅果は長さ1~1.5㎝、円錐状卵形、淡褐色に熟し、食べられる。
 オオツノハシバミ var. mandshurica (Corylus mandshurica ) は日本、朝鮮、中国、ロシアに分布する。幹は暗灰褐色、樹皮に割れ目ができる。葉が長さ6~12㎝の広卵形~楕円形、質が薄く、基部が心形。果実は先が細い筒状の果苞で包まれる。果実は直径約1.5㎝の先が尖った卵形。
 ハシバミ Corylus heterophylla は葉が広倒卵形、先が急に鋭く尖る。果胞は鐘形になり、果実を包み、果実は直径約1.5㎝の球形。
 セイヨウハシバミ Corylus avellana はヨーロッパ原産、ヘーゼルナッツ(hazel nut)でよく知られる。果実はドングリ形、淡褐色(ヘーゼル色=榛色)。)
[花期] 3~5月  (果期 9~10月)
[樹高] 2~3(5)m
[生活型] 落葉低木
[生育場所] 山地
[分布] 在来種  北海道、本州、四国、九州、朝鮮
[撮影] 豊橋市  15.3.24(花)
      14.6.21(葉)
      15.10.14(果実)
TOP Back