ツメレンゲ  爪蓮華
[別名] ヒロハツメレンゲ
[中国名] 晚红瓦松 wan hong wa song
[学名] Orostachys japonicus (Maxim.) Berger.
Sedum erubescens Ohwi
ベンンケイソウ科 Crassulaceae  イワレンゲ属
三河の植物観察
ツメレンゲ花序
ツメレンゲ花
ツメレンゲ蕾
ツメレンゲ
ツメレンゲ葉
 和名は葉が獣の爪のように先が尖り、仏の蓮華座のように重なってつくことから。
 葉は長さ3~6㎝、幅0.5~1.5㎝の披針形、多肉質、先が尖る。ロゼットの中心から長さ10~30㎝の長い花茎を伸ばし、白い花を密につける。花は直径6~8㎜。花弁は5個、白色、披針形。雄しべ10個、葯は紅色。雌しべ5個。2n = 24, 48
[花期] 9~11月
[草丈] 5~15㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 暖地の岩の上など
[分布] 在来種 本州(関東地方以西)、四国、九州、朝鮮、中国、ロシア
[撮影] 新城市  14.10.28
TOP Back