トウチク  唐竹
[別名] ダイミョウチク(大名竹)
[中国名] 唐竹 tang zhu
[英名] Chinese sinobambusa ,Chinese temple bamboo ,tootsik bamboo
[学名] Sinobambusa tootsik (Makino) Makino ex Nakai
イネ科 Poaceae  トウチク属
三河の植物観察
トウチクの枝先
トウチクの節
トウチクの筍
トウチク
トウチク枝
トウチク葉表
トウチク葉裏
 稈は直立し、直径は3~5㎝、節間長は60~80㎝にも達する。節は2輪の隆起線があり、下側の稈鞘輪より上側の節輪が高い。各節から3~5本の枝を出し、枝を剪定して、枝数を増やすことができる。筍(たけのこ)は6月に出る。稈鞘(筍の皮)は斑点がなく、淡紫色を帯び、毛が散生し、縁や基部には黒褐色の毛があり、肩毛が開出する。葉は長さ5~18㎝、幅12~16㎜。葉表は無毛、葉裏には細毛が密生する。葉鞘は無毛、縁に毛があり、肩毛が長い。
 スズコナリヒラはトウチクの園芸品種であり、葉に縦縞がある。
[稈長] 8~10m
[生活型] タケ類
[生育場所] 庭園、生垣
[分布] 帰化種 中国、ベトナム原産。
[撮影] 幡豆町 09.6.2
TOP Back