トウカイスミレ  東海菫
[学名] Viola tokaiensis Sugim.
スミレ科 Violaceae  スミレ属
三河の植物観察
トウカイスミレの花
トウカイスミレの花裏
トウカイスミレの距
トウカイスミレの葉
トウカイスミレ
トウカイスミレ2
 かってはヒメミヤマスミレの東海型といわれてきたものを分類したものである。
 葉は長さ1~2㎝の心形で、縁にまばらに波状の低い鋸歯がある。葉表や縁に毛があり、葉裏は紫色にならない。葉柄は長さ2~7㎝。花は直径約1㎝で、花弁の表は淡紫色、紫色のすじがまばらにある。花裏は表より紫色が濃い。距は短く、紫色を帯びる。側弁の基部は無毛。萼片の付属体は大きく、切形又は鋭形。
[花期] 4~5月
[草丈] 5~10cm
[生活型] 多年草
[生育場所] 山地の林縁
[分布] 在来種(日本固有種)  本州(関東地方、中部地方、近畿地方)、四国
[撮影] 津具村 04.4.11
TOP Back