トキンソウ  吐金草
[別名] タネヒリグサ、ハナヒリグサ
[中国名] 石胡荽 shi hu sui
[学名] Centipeda minima (L.) A. Br. et Aschers.
キク科 Asteraceae (Compositae)  トキンソウ属
三河の植物観察
トキンソウの枝先
トキンソウの頭花
トキンソウの雌花と両性花
トキンソウの集合果
トキンソウの熟した集合果
トキンソウの総苞片
トキンソウ
トキンソウ葉
トキンソウ果実
 和名の由来は熟した果実を押すと、黄色の種が出てくることから。水田、畑などで普通に見られる。
 茎はよく分枝し、地を這い広がるか又は斜上する。葉は互生し、大きいものは長さ1~2㎝、3~5個の鋸歯がつく。頭花は直径2~3㎜、花後に大きく4~5㎜になり、蕾~果実まで球形~扁球形である。周辺に多数の雌花、中心部に両性花を約10個つける。雌花は花冠が筒状、長さ約0.2㎜、小さく目立たない。両性花の花冠は長さ0.5㎜、褐紫色、先が4裂し、蕾のときは上から見ると4角形に見える。雄しべの葯は黄色。花に冠毛は無い。総苞片は1列、総苞片の縁は乾膜質。集合果は扁球形、総苞が受け皿のようになり、果実が熟すとこぼれ落ちる。果実は長さ1~1.2㎜、黄褐色、上向きの毛がある。2n=20
[花期] 7~10月
[草丈] 5~20㎝
[生活型] 1年草
[生育場所] 水田、湿った庭
[分布] 在来種  日本全土、中国、台湾、ロシア、インド、タイ、インドネシア、フィリピン、パプアニューギニア、オーストラリア、ニュージーランド、フィジー、サモア
[撮影] 吉良町  03.9.23
TOP Back