トボシガラ  唐法師殻(点火茎)
[中国名] 小颖羊茅 xiao ying yang mao
[学名] Festuca parvigluma Steud.
イネ科 Poaceae  ウシノケグサ属
三河の植物観察
トボシガラ花序
トボシガラ穂
トボシガラ小花
トボシガラ果実
トボシガラ
トボシガラ2
トボシガラ護頴の芒
トボシガラ葉表
トボシガラ葉裏
 草地や林道などで普通に見られる。
 茎は細く、直立又は斜上する。葉は幅2~3㎜、柔らかく、光沢があり、垂れ下がる。葉舌は長さ0.3㎜。葉鞘は無毛、平滑。茎の先に長さ10~15㎝のまばらな円錐花序をつけ、先が垂れ下がる。花序の枝は初期には茎に沿っているが、次第に開き、果期には開出する。小穂は無毛、披針形、長さ7~9㎜、熟すと紫色を帯びる。小花は3~5個。苞頴は卵形、鈍頭、第1苞頴は長さ0.8~1㎜、第2苞頴は長さ2~2.5㎜。護頴は長さ4~6㎜、長さ5~12㎜のやや曲がりくねる長い芒があり、竜骨がはっきり見える。果実は長さ約3㎜の長楕円形、紫褐色、腹面が溝状に窪み、頭部に毛がある。
 アズマガヤは大型、葉幅が12~15㎜と広い。小穂が長さ9~11㎜、小花が単生又は双生し、苞頴が線形。
[花期] 5~6月
[草丈] 30~60㎝
[生活型] 2年草
[生育場所] 林内、草地
[分布] 在来種 北海道、本州、四国、九州、朝鮮、中国、台湾
[撮影] 豊田市矢並町  03.5.4
TOP Back