チシマオドリコソウ  千島踊子草
[中国名] 鼬瓣花 you ban hua
[英名] splitlip hempnettle
[学名] Galeopsis bifida Boenn.
Galeopsis tetrahit L. var. bifida (Boenn.) Lej. et Court.
Galeopsis bifida Boenn. var. emarginata Nakai
シソ科 Lamiaceae (Labiatae)  チシマオドリコソウ属
三河の植物観察
チシマオドリコソウ2
チシマオドリコソウの花
チシマオドリコソウの花2
チシマオドリコソウの萼
チシマオドリコソウ
チシマオドリコソウ葉
 日本全土で見られ、帰化種とされることが普通だが、北海道、本州(中部以北)のものは在来種ともいわれている。茎は直立し、多少、分枝し、鈍い4稜形、下向きの毛が生え、上部には腺毛が混じる。葉は対生し、葉柄は長さ1~2.5㎝、短軟毛がある。葉身は長さ3~8.5㎝、幅1.5~4㎝の卵状被針形~~披針形、円鋸歯縁~鋸歯縁、先は鋭形~尖鋭形、基部は漸尖形~楔形。葉表は曲がった剛毛があり、葉裏は微軟毛と腺点がある。側脈は6~8対、葉表では不明瞭、葉裏に突出する。花は葉腋に多数密集してつく。苞は長さ3~6㎜、線形~披針形。萼は歯を含めて長さ約1㎝、外面に剛毛があり、内面に微軟毛がある。萼歯は5個、すべてほぼ同長、長さ約5㎜、筒部とほぼ同長、長三角形、先が長い刺状になる。花冠は白色~黄白色、まれに紫紅色を帯び、長さ約1.4㎝の唇形。筒部は長さ約8㎜。上唇は卵円形、下唇は3裂し、中央裂片は幅約2㎜の惰円形、紫紅色を帯び、先にV字形の切れ込みがある。種名のbifidaや英名のsplitlip はこの切れ込みを指す。側裂片は楕円形、全縁、中央裂片よりわずかに幅が広い。雄しべ4個。花糸は糸状、葯は2室。花柱の先は均等に2裂。子房は無毛、褐色。小堅果は卵状三稜形、褐色。2n=32。
 タヌキジソ Galeopsis tetrahit はヨーロッパに分布し、英名はcommon hemp-nettle。日本では栽培種となっている。葉は卵形、先が尖り、基部は楔形。花は長さ15~20㎜、淡紫紅色、下唇は3裂し、中央裂片は四角状、幅よりわずかに長く、先が鈍形~円形、濃色の班紋と黄色の斑点があり、基部に2個の腺がある。中央裂片は側裂片より幅が広く、V字形の切れ込みが無い。
[花期] 7~9月(果期 9月)
[草丈] 20~60(100)㎝
[生活型] 1年草
[生育場所] やや湿った草地
[分布] 在来種 本州(福井県、愛知県以西)、四国、九州、朝鮮、中国、モンゴル、ロシア、ヨーロッパ、北アメリカ
[撮影] 売木村   05.7.18
TOP Back