タテヤマリンドウ  立山竜胆
[別名] コミヤマリンドウ
[中国名] 小丛生龙胆 xiao cong sheng long dan
[学名] Gentiana thunbergii (G. Don) Griseb. var. minor Maxim.
リンドウ科 Gentianaceae  リンドウ属
三河の植物観察
タテヤマリンドウの花
タテヤマリンドウの茎
タテヤマリンドウ
タテヤマリンドウの花2
 ハルリンドウの高山型の変種。ハルリンドウとの区別は難しい。全体が小さく、花冠が長さ約1.2㎝。白花品をシロバナタテヤマリンドウといい、栂池高原では花色が薄いものが多く、白花と混生している。
[花期] 6~8月
[草丈] 5~15㎝
[生活型] 越年草
[生育場所] 高山の湿地
[分布] 在来種  北海道、本州(中部地方以北)、中国
[撮影] 栂池自然園 07.7.27
TOP Back