タニガワスゲ  谷川菅
[中国名] 溪水薹草 xi shui tai cao
[学名] Carex forficula Franch. et Savat.
カヤツリグサ科 Cyperaceae スゲ属
三河の植物観察
タニガワスゲリの花穂
タニガワスゲの雄小穂拡大
タニガワスゲの雌小穂拡大
タニガワスゲの苞の無鞘の基部
タニガワスゲの基部の糸網
タニガワスゲ
タニガワスゲ花序
タニガワスゲ葉表
タニガワスゲ葉裏
タニガワスゲ果胞
 根茎は短く、匐枝を出さず、叢生して、大株になる。基部の鞘は葉身がなく、濃褐色、糸網を生じる。葉は幅が2~4㎜。葉表は濃緑色で葉裏が粉白色。苞は無鞘。頂小穂は長さ2~4㎝、雄性。雌性の側小穂は長さ2~5㎝で直立する。果胞は長さ3.5~4㎜、扁平、嘴は長く、縁に小歯があり、口部は鋭い2歯。鱗片は果胞より短く、側面が黒紫色で、中肋は緑色。果実は長さ約2㎜、倒卵形、断面はレンズ状。柱頭は2岐。2n=72,78
 ヤマアゼスゲは根茎が広がり、叢生がまばら。果胞が長さ約2.5~3㎜と小さく、嘴が短く小歯がない。
[果期] 4~6月
[草丈] 30~70㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 河畔、水辺
[分布] 在来種 北海道(西南部)、本州、四国、九州、朝鮮、中国、ロシア
[撮影] 西尾市(幡豆町) 12.512
TOP Back