タイワンレンギョウ   台湾連翹
[別名] ハリマツリ(針茉莉)、 デュランタ
[中国名]

假连翘 jia lian qiao

[学名] Duranta erecta L
Duranta repens L
クマツヅラ科 Verbenaceae  ハリマツリ属
三河の植物観察
タイワンレンギョウの花序
タイワンレンギョウの花
タイワンレンギョウの咢
タイワンレンギョウの蕾
タイワンレンギョウ
タイワンレンギョウの葉
 デュランタの名で流通し、日本では品種の宝塚や黄覆輪の斑入り品種のライムがよく栽培されている。世界中で栽培され、アフリカ、アジア、オーストラリアなどに帰化している。
 園芸品種は数種あり、白色、ピンク色もある。'宝塚'など、青紫色に白色の縁取りがある花がよく栽培されている。写真は'宝塚'パープルラブ。
 常緑低木、高さ0.5~2(4)m、しばしばよじ登る。枝には刺があり、若い時には毛がある、葉柄は長さ約1㎝以下、有毛。葉身は卵形~披針形、長さ2~6.5㎝、幅1.5~.3.5㎝、紙質、基部は楔形、縁は全縁~先が円鋸歯状、側脈は6対。総状花序に多数、花をつける。花は直径8~9㎜、青または紫色、香りがある。苞は小さい。花柄は長さ2~3㎜。咢筒は長さ約8㎜、角(かど)があり、咢歯は錐形、伏毛がある。花冠筒部は長さ7~8㎜。花冠裂片は長さ3.5~4.5㎜、両面に毛がある。雄しべは花冠から突き出ない。子房は無毛。核果は直径(5)6~8㎜、萼より短く、光沢があり、無毛、橙色~橙黄色に熟す。咢は花後に大きくなり、宿存して果実を包む。花期と果期は5~10月(場所により通年)。2n = 36。
[花期] (5)6~10月
[草丈] 0.5~2(4)m
[生活型] 常緑低木
[生育場所] 栽培種 庭園、花壇
[分布] 帰化種 北アメリカ、南アメリカ原産
[撮影] 西尾市 17.8.22

 ハリマツリ属

  Familia: Verbenaceae - genus Duranta
 低木。葉は対生又は輪生、単葉、縁は全縁又は鋸歯状歯牙。花序は腋生又は頂生の総状花序。苞は小さい。萼は5脈、5歯、宿存性。花冠は2唇形。下唇は3裂し、大きく、上唇は2裂。雄しべは4個、短く、円筒状の花冠筒部の中間より上につき、不明瞭な2強雄しべ。子房は8室、胚珠は室に1個、垂れ下がる。花柱は棍棒形。柱頭はほぼ斜め。核果は萼と同長又は短く、核に2個の種子をもつ。
 世界に約30種があり、熱帯アメリカに分布する。
【ハリマツリ属の種】
Duranta arida Britton & P.Wilson
Duranta armata Moldenke
Duranta cajamarcensis Moldenke
Duranta costaricensis (Donn.Sm.) Standl.
Duranta dombeyana Moldenke
Duranta dombeyana x triacantha
Duranta erecta L. タイワンレンギョウ: Golden Dew Drop
Duranta guatemalensis Moldenke
Duranta mandonii Moldenke
Duranta mutisii L.f.
Duranta obtusifolia Kunth
Duranta parviflora Turcz.
Duranta parvifolia Moldenke
Duranta peruviana Moldenke
Duranta raimondii Werderm. ex Moldenke
Duranta recurvistachys Rusby
Duranta serratifolia (Griseb.) Kuntze
Duranta skottsbergii Moldenke
Duranta sprucei Briq.
Duranta stenostachya Tod. :brazilian sky flower
Duranta steyermarkii Moldenke
Duranta triacantha Juss.
Duranta vestita Cham.
Duranta woronowii Moldenke
Duranta wrightii Moldenke
Duranta × lineata Hayek
Duranta mandonii x armata Dinter
Duranta mutisii x armata Cham.
Duranta mutisii x triacantha
Duranta × penlandii Moldenke
Duranta × rupestris Hayek
Duranta × skottsbergiana Moldenke
Duranta sprucei x triacantha Schinz

 ハリマツリ属の主な種

 1  Duranta erecta L.  タイワンレンギョウ(ハリマツリ)
    synonym Duranta repens L
 北アメリカ、南アメリカ原産。英名はGolden Dew Drop 。
 アフリカ、アジア、オーストラリアなどに帰化している。中国名は假连翘 jia lian qiao 。
 常緑低木、高さ0.5~2(4)m、しばしばよじ登る。枝には刺があり、若い時には毛がある、葉柄は長さ約1㎝以下、有毛。葉身は卵形~披針形、長さ2~6.5㎝、幅1.5~.3.5㎝、紙質、基部は楔形、縁は全縁~先が円鋸歯状、側脈は6対。総状花序に多数、花をつける。花は直径8~9㎜、青または紫色、香りがある。苞は小さい。花柄は長さ2~3㎜。咢筒は長さ約8㎜、角(かど)があり、咢歯は錐形、伏毛がある。花冠筒部は長さ7~8㎜。花冠裂片は長さ3.5~4.5㎜、両面に毛がある。雄しべは花冠から突き出ない。子房は無毛。核果は直径(5)6~8㎜、萼より短く、光沢があり、無毛、橙色~橙黄色に熟す。咢は花後に大きくなり、宿存して果実を包む。花期と果期は5~10月(場所により通年)。2n = 36。
 品種) 'Alba' , 'Aurea' , 'Cuban Gold' , 'Geisha Girl' , 'Golden Edge' (v) , 'Gold Mound' , 'Grandiflora' ,'Lemon Drop' , ‘Lime’, 'Sapphire Showers' , 'Sapphire Swirl' , 'Sheena's Gold' , 'Sweet Memories' , 'Tkarazuka'(宝塚) , 'Variegata' (v) , white-flowered ,
 1-1 Duranta repens L. var. alba (Mast.) L.H.Bailey シロバナタイワンレンギョウ

 2  Duranta stenostachya Tod 西インド諸島原産
 英名はbrazilian sky flowe。Duranta erecta と混同されていることが多い。
 直立し、刺は無く、高さ5m以下、無毛。葉は長楕円状披針形、長さ9~14㎝、幅2.5~3.5㎝、全縁~不明瞭な鋸歯縁、先は尖鋭形。葉柄は長さ1.5~2㎝。総状花序は頂生、長さ20㎝以下。花は幅6~7㎜、ライラック色。花柄は長さ2~3㎜。咢筒は長さ約4㎜、微毛があり、不明瞭な歯がある。花冠筒部は咢からわずかに突き出て、のど部に毛があり、拡大部は等しく5裂、両面に毛がある。核果は直径約8㎜、黄色、宿存性の咢に包まれる。
品種) 'Mini Gold'


 参考

1) Flora of China
  Duranta erecta
  http://www.efloras.org/florataxon.aspx?flora_id=2&taxon_id=210000487
2) Flora of Pakistan
  Duranta erecta
  Duranta stenostachya
  http://www.efloras.org/florataxon.aspx?flora_id=5&taxon_id=250064503

TOP Back