タガラシ  田辛し
[中国名] 石龙芮 shi long rui
[英名] celery-leaved buttercup
[学名] Ranunculus sceleratus Lev.
キンポウゲ科 Ranunculaceae  キンポウゲ属
タガラシの花
タガラシの花2
タガラシの花横
タガラシの花裏
タガラシ果実
タガラシ
タガラシ果実
タガラシ葉
 和名の由来はかむと辛味があることから。茎は上部でよく分枝し、中空で弱い。葉は長さ1~4 ㎝、幅1.5~5㎝、毛がなく、つやがあり、下部の葉は3~5裂する。花は直径1㎝程度。萼片の下面に白色の軟毛がある。キツネノボタンにも似ているが、集合果は楕円形、痩果が多数つき、刺が無い。痩果は長さ1~1.1㎜、幅0.8~1㎜。全草に加熱又は乾燥により分解する毒があるので注意。2n=32
[花期] 3~5月
[草丈] 30~50㎝
[生活型] 2年草
[生育場所] 水田、溝
[分布] 在来種 北半球各地、南半球にも帰化
[撮影] 吉良町 06.3.26
TOP Back