シャリンバイ   車輪梅
[別名] タチシャリンバイ
[中国名] 厚叶石斑木 hou ye shi ban mu
[英名] Japanese hawthorn, Yeddo hawthorn , Indian hawthorn
[学名] Rhaphiolepis umbellata (Thunb.) Makino  
Rhaphiolepis indica (L.) Lindl. ex Ker var. umbellata (Thunb.) H.Ohashi
バラ科 Rosaceae  シャリンバイ属
三河の植物観察
シャリンバイ花
シャリンバイ果実
シャリンバイ果実拡大
シャリンバイ種子
シャリンバイの幹
シャリンバイ
シャリンバイ葉
 和名の由来は葉や枝が車輪状につき、花が梅に似ていることから。樹皮か大島紬の染料に使用される。
 葉は互生し、革質、硬く、長さ4~8㎝の長楕円形~狭倒卵形で、光沢がある。花序は総状。花は直径1~1.5㎝の白色の5弁花。果実は直径7~12㎜の球形で、黒く熟し、白い粉を被る。種子は直径7~8㎜、球形、褐色、光沢がある。
 葉が円く、鋸歯がほとんどないものをマルバシャリンバイといい、変種とすることもあるが、中間型もあり分類しないのが一般的になっている。
[花期] 5~7月 (果期 11~1月)
[樹高] 2~6m
[生活型] 常緑低木~小高木
[生育場所] 海岸の崖地、山
[分布] 在来種 本州(宮城、山形県以南)、四国、九州、沖縄、中国、台湾
[撮影] 幡豆町  12.1.27
TOP Back