シャジクモ  車軸藻
[学名] Chara braunii Gmelin
ストレプト植物門 車軸藻綱 シャジクモ目
シャジクモ科 Characeae  シャジクモ属
三河の植物観察
シャジクモ
シャジクモ
シャジクモ
 水田で普通に見られる。主軸は直径約 1㎜、8~11本の小枝を輪生し、再分岐しない。雌雄同株。生殖器(造精器と生卵器)は小枝の節だけにつき、基部にはつかない。生卵器が造精器より上につく。托葉冠は1列。茎に皮層がない。
 オオシャジクモは輪生する小枝が4~7本と少なく、生殖器が小枝の基部にもつく。
 ミゾフラスコモやフタマタフラスコもなどフラスコモ属は小枝が再分岐して、枝が密である。
[花期] 8~9月
[草丈] 沈水植物(長さ5~40㎝)
[生活型] 1年草
[生育場所] 水田、ため池、湖沼
[分布] 在来種 日本全土、世界に広く分布する
[撮影] 幸田町 05.9.10
TOP Back