スズタケ  篶竹
[別名] スジタケ、ミダケ、スドリダケ、ススニタケ、シノメダケ、ホッタケ、ミスズタケ
[学名] Sasa borealis (Hack.) Makino et Shibata
Sasamorpha borealis (Hack.) Nakai
イネ科 Poaceae  ササ属
三河の植物観察
スズタケの葉舌
スズタケの枝
スズタケの節
スズタケ
スズタケ稈鞘
スズタケ葉表
スズタケ葉裏
スズタケ葉表の縁
 ササ類に属す。スズタケ属Sasamorphaに分類されることもある。稈は直立し、直径は5~8㎜、上部で1節に1枝出て、2~3本に分岐する。節は膨れない。稈は淡紫褐色で、稈鞘の長さは節間より長く、長毛があり、葉片は長い。葉は厚い革質、長さ20~30㎝、幅3~5㎝、両面とも無毛で、表面には光沢があり、裏面は灰白色。冬、葉に白い隈どりが現れる。葉舌は低い山形、葉耳と肩毛は無い。
 ケスズ Sasa sikokiana .はやや小型で、節がやや膨れ、葉裏に軟毛が密生する。
 チシマザサ Sasa kurilensis は日本海側のブナ林に多い大型のササ類で、稈の基部が弓状に曲がるためネマガリタケの別名があり、筍が食用とされる。また、節が膨れ、稈鞘が短い。
[稈長] 1~2m
[生活型] ササ類
[生育場所] ブナ林の林床、林縁、日当たりのよい草地
[分布] 在来種 北海道、本州(太平洋岸)、四国、九州、朝鮮
[撮影] 段土裏谷 06.11.5
TOP Back