スノーフレーク  
[別名] オオマツユキソウ(大待雪草)
スズランズイセン(鈴蘭水仙)
[英名] summer snowflake , giant snowflake
[学名] Leucojum aestivum L.
ヒガンバナ科 Amaryllidaceae  スノーフレーク属
三河の植物観察
スノーフレークの花序
スノーフレークの雄しべ
スノーフレークの雄しべ2
スノーフレークの葉
スノーフレーク
スノーフレークの葉表
スノーフレークの葉裏
 球根は長さ2~4㎝。茎は管状。葉は扁平、スイセンに似て、長さ30~50㎝、幅0.5~2㎝、先端はやや尖る。 花は長さ約3㎝、白色のスズラン形で、下向きに咲く。花被片は6個つき、長さ(10)13~22 ㎜、幅10~12㎜、縁に緑色の斑点がある。雄しべ6個。種子は長さ5~7㎜、黒色。2n= 22, 24
 アリウムトリケトラムは花が白色、花被片に緑色の筋がある。
[花期] 3~4月
[草丈] 20~40㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 道端、草地
[分布] 帰化種  地中海沿岸原産
[撮影] 鳳来町   04.4.11
TOP Back