スイラン  水蘭
[学名] Hololeion krameri (Franch. et Savat.) Kitam.
キク科 Asteraceae (Compositae)  スイラン属
三河の植物観察
スイランの花
スイランの総苞
スイラン果実
スイラン葉
スイラン
スイラン葉
 和名は葉がシュンランのように細長く、湿地に生えることに由来する。茎は細く、よく分枝し、赤味を帯びることが多い。葉は長さ15~50㎝、幅1~3㎝の線状披針形で、葉先が鋭くとがり、下部に集まってつく。葉の質は厚く、無毛で、まばらに不明瞭な鋸歯がある。花の終わり頃になると葉が枯れ、花だけになっていることも多い。頭花は直径約3㎝。総苞は細長い円筒形。総苞外片は披針形、鋭頭。花は舌状花だけであり、筒状花はない。花弁の先は5個の歯牙状にほぼ均等に切れ込む。痩果は長さ約8㎜、淡褐色の冠毛がある。
 田原市の黒河湿地にはスイランが多く、秋にも葉が緑色のまま残っているものもあり、茎葉が乾いても落ちずにバネのように巻いているものが見られる。
 マンシュウスイラン(チョウセンスイラン)Hololeion fauriei = Hololeion maximowiczii は九州、朝鮮、中国に分布する。花柄が短く、長さ0.5~3㎝。総苞は長さ1~1.3㎝ 、総苞外片は長さ 5~6㎜の卵形~広披針形、鈍頭。痩果は長さ5.5~6㎜。
[花期] 9~10月
[草丈] 50~100㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 湿地、水辺
[分布] 在来種(日本固有種) 本州(中部地方以西)、四国、九州
[撮影] 田原市  06.11.1
TOP Back