シセントキワガキ  四川常盤柿
[別名] タマフリノキ(魂振りの木)
[中国名] 乌柿 wu shi
[学名] Diospyros cathayensis Steward
カキノキ科 Ebenaceae カキノキ属
三河の植物観察
シセントキワガキの未熟な果実
シセントキワガキ熟した果実
シセントキワガキ熟した果実
シセントキワガキ葉2
シセントキワガキの幹
シセントキワガキ
シセントキワガキ種子
シセントキワガキ葉
シセントキワガキの葉の裏
 ロウヤガキに似ているが常緑。葉は質がやや厚く、薄い革質、幅がやや細い。果実の毛がやや多く、果柄が長く、果時の萼片がロウヤガキより幅が広い。ロウヤガキと同じように盆栽にされる。
 中国では高さ10m前後、幹は胸高直径30~80㎝になる。よく見られるのは高さ2~4m。枝は褐色、有毛、目立たない細い刺がある。葉柄は長さ2~4㎜、有毛。葉は互生し、長さ4~9(11)㎝、幅1.5~3.6㎝の長楕円形、全縁、薄い革質、基部は楔形、葉先は尖るかわずかに鈍形。葉表は光沢があり、葉裏は淡色、側脈は10~12対、両面に盛り上がる。雌雄異株。雄花は円錐花序につき、小花柄は長さ 6~11㎜。萼は4深裂し、毛が密生する。裂片は長さ1.5~3㎜、三角形。花冠は淡黄色、長さ5~7㎜、つぼ形、両面有毛、裂片は4個、反曲する。雌花は単生する。萼片は4裂し、長さ約1㎝、有毛。花冠は白色、筒部は長さ約5㎜、裂片4個、雄しべ6個、子房は長軟毛がある。果時の果柄は細く、長さ2.5~4(6)㎝と長く、萼片は果時に基部から分かれ、長さ(1)1.2~2(2.5) ㎝、幅0.5~0.9(1.1) ㎝の披針形、革質。果実は長さ1.5~3㎝の球形~卵形、黄色(日本で見られるものは橙色)に熟し、まばらに毛がある。果実は甘く、渋味がなく、種子が4個ほど入る。種子は長さ1.6~2㎝、幅7~8㎜の長楕円形。
 ロウヤガキ(ツクバネガキ)Diospyros rhombifolia は幹が淡褐色~灰色。小枝は毛があり、目立たない刺状の先になる。葉柄は長さ2~4㎜。葉は長さ4~8.5㎝、幅1.8~3.8㎝、紙質、先は尖り、基部は楔形。側脈は5~7対。雄花は多数つき、花柄が長さ約7㎜。萼は4裂し、萼片は小さい3角形。花冠は凹形、長さ約4㎜。雄しべ16個。雌花は花柄が長さ約18㎜。萼は基部近くまで4深裂し、長さ約10㎜の披針形。果柄は長さ1.5~2.5㎝。果時の萼片は開出~反曲し、長さ1.6~2㎝、幅約0.5㎝。果実は橙色に熟し、幅約2㎝、楕円状、先が尖る。渋く食用には向かない。種子は褐色、2~4個入り、長さ約1㎝。
 瓶兰花(ping lan hua) Diospyros armataは常緑低木~半常緑低木。果実が黄色、直径約2㎝の球形。果時の萼片は長さ9~12㎜、幅4~5㎜。
 トキワガキ Diospyros morrisiana は日本在来種。幹が黒色。葉先が尖る。花柄が短い。
[花期] 5~6月
[果期] 10~11月
[樹高] 2~10m
[生活型] 常緑小高木
[生育場所] 庭木、盆栽
[分布] 帰化種 中国原産
[撮影] 新城市  15.9.28
TOP Back