シロタエギク  白妙菊
[別名] ダスティーミラー
[中国名] 银叶菊 yin ye ju
[英名] dusty-miller , silver groundse , silver ragwort
[学名] Jacobaea maritima (L.) Pelser & Meijden
synonym Senecio bicolor (Willd.) Tod. subsp. cineraria (DC.) Chate
synonym Senecio cineraria DC
キク科 Asteraceae (Compositae)  ヤコバエア属
三河の植物観察
シロタエギクの花
シロタエギクの花2
シロタエギクの総苞
シロタエギクの蕾
シロタエギクの茎
シロタエギク
シロタエギク葉
シロタエギク葉2
 シロタエギクはキク科ヤコバエア属(Jacobaea)の栽培種。ヤコバエア属(Jacobaea)はキオン属(Senecio)から分離された。
 常緑多年草、直立し、高さ[30~]60~100㎝。茎には密に白色の羊毛状の毛があり、やがて木質の基部は無毛になり、上部と下部で多数、分枝する。葉は下面に密に白色の羊毛状の毛があり、上面も多少、毛があり灰色になり、葉柄がある。葉柄は葉身よりかなり短く、抱茎。葉身は頭大羽状中裂、又は2~3回羽状全裂、卵形~楕円形、先は鈍形、長さ(2~)3~10[~15]㎝×幅(1.5~)2~6[~7]㎝、裂片は狭長円形~卵形、羽状脈。花序の基部につく葉は小さく、葉柄がなく、しばしば1回羽状全裂し、裂片が狭く、又は分裂せず、全縁。頭花は多数、密に散房花序につく。副咢の小苞は2~8個、披針形、長さ1.5~3㎜。総苞片は10~14個、長円形、密に羊毛状の毛があり、長さ4.5~7㎜。周辺小花は7~15個、弁部は黄色、長さ3~7㎜。中心小花は黄金色。痩果は円筒形、無毛、長さ2~2.5㎜。冠毛は長さ6~7㎜。
[花期] 5~7月
[草丈] 30~60(~100)㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 栽培種
[分布] 外来種 ヨーロッパ、トルコ、チュニジア原産
[撮影] 浜松市 19.6.13

 ヤコバエア属

 family Asteraceae - genus Jacobaea

 ヤコバエア属(Jacobaea)はキオン属(Senecio)から多系統に分離され、最近の分子的な研究により、分離が確認されている(Pelser & al. 2002; Mabberley 2008)。属の立場は交雑の挙動により支持され、Jacobaea属の中にいくつかのハイブリッドがある。一方、Jacobaea属とSenecio属との間のハイブリッドは無い。しかしながら、両属は形態学的には差がほとんどんなく、 Stace (2010) に従えば、両属は一緒に特定される最高のものである。Jacobaea属においては内総苞片の数が舌状弁の数とほぼ等しい。一方、Senecio属においては内総苞片の数は舌状弁の数の約1.5~2倍である。さらに、Jacobaea属においては痩果の表面に細かいパピラがあるが、Senecio属では普通、平滑である。Jacobae属ではほとんどが2年生又は多年性である。
 
世界に約35種があり、ユーラシアに分布する。

【ヤコバエア属の種】
Jacobaea abrotanifolia (L.) Moench
Jacobaea adonidifolia (Loisel.) Pelser & Veldkamp
Jacobaea alpina (L.) Moench
Jacobaea ambigua (Biv.) Pelser & Veldkamp
Jacobaea andrzejowskyi (Tzvelev) B.Nord. & Greuter
Jacobaea aquatica (Hill) "G.Gaertn., B.Mey. & Scherb."
Jacobaea argunensis (Turcz.) B.Nord. コウリンギク
Jacobaea arnautorum (Velen.) Pelser
Jacobaea auricula (Bourg. ex Coss.) Pelser
Jacobaea boissieri (DC.) Pelser
Jacobaea borysthenica (DC.) B.Nord. & Greuter
Jacobaea buschiana (Sosn.) B.Nord. & Greuter
Jacobaea candida (C.Presl) B.Nord. & Greuter
Jacobaea cannabifolia (Less.) E.Wiebe ハンゴンソウ
Jacobaea cilicia (Boiss.) B.Nord.
Jacobaea delphiniifolia (Vahl) Pelser & Veldkamp
Jacobaea erratica (Bertol.) Fourr.
Jacobaea erucifolia (L.) P.Gaertn., B.Mey. & Schreb.
Jacobaea ferganensis (Schischk.) B.Nord. & Greuter
Jacobaea gallerandiana (Coss. & Durieu) Pelser
Jacobaea gibbosa (Guss.) B.Nord. & Greuter
Jacobaea gigantea (Desf.) Pelser
Jacobaea gnaphalioides (Sieber ex Spreng.) Veldkamp
Jacobaea incana (L.) Veldkamp
Jacobaea inops (Boiss. & Balansa) B.Nord.
Jacobaea leucophylla (DC.) Pelser
Jacobaea lycopifolia (Poir.) Greuter & B.Nord.
Jacobaea maritima (L.) Pelser & Meijden シロタエギク
Jacobaea maroccana (P.H.Davis) Pelser
Jacobaea minuta (Cav.) Pelser & Veldkamp
Jacobaea mollis (Willd.) B.Nord.
Jacobaea mouterdei (Arenes) Greuter & B.Nord.
Jacobaea othonnae (M.Bieb.) C.A.Mey.
Jacobaea paludosa (L.) "G.Gaertn., B.Mey. & Scherb."
Jacobaea persoonii (De Not.) Pelser
Jacobaea samnitum (Nyman) B.Nord. & Greuter
Jacobaea sandrasica (P.H.Davis) B.Nord. & Greuter
Jacobaea schischkiniana (Sofieva) B.Nord. & Greuter
Jacobaea subalpina (W.D.J.Koch) Pelser & Veldkamp
Jacobaea trapezuntina (Boiss.) B.Nord.
Jacobaea uniflora (All.) Veldkamp
Jacobaea vulgaris Gaertn. ヤコブボロギク


 ヤコバエア属の主な種と園芸品種

 1  Jacobaea aquatica (Hill) G.Gaertn., B.Mey. & Scherb
   synonym Senecio aquaticus Hill
   synonym Senecio jacobaea subsp. barbareifolius Krock
 ヨーロッパ、トルコ、スヴァールバル諸島原産。英名はwater ragwort , marsh ragwort。
 2年草、直立、高さ20~70㎝。茎には若い時に密に羊毛状の毛があるが、すぐに無毛になり、基部から分枝又は分枝しない。根生葉は若い時に羊毛状の毛があるが、すぐに無毛になり、葉柄がある。葉柄は葉身より短く、抱茎。葉身は基部に向かって羽状中裂し又は分裂せず、卵形~長円形~楕円形、先は鈍形~類鋭形、規則的に又は不規則に円鋸歯又は鋸歯が縁にあり、約、長さ25~120㎜×幅15~50㎜、羽状脈。茎葉は頭大羽状中裂~1回羽状分裂、不規則な歯があり、裂片は長円形、最上部の葉は無柄、羽状全裂、裂片は幅が狭い。頭花は開いた円錐花序につく。補足の苞 supplementary bracts(副咢の小苞)は3~10(~16)個、披針形、長さ1.5~6㎜。総苞片は13~22個、卵状長円形、普通、無毛、ときにまばらに毛があり、長さ3.5~5.5㎜。周辺小花は13~20個、舌部は黄色、長さ5~11㎜。中心小花は黄色。痩果は円柱形、普通、無毛、まれに、最内側の痩果にまばらに毛があり、長さ約2㎜。冠毛は長さ3~3.5㎜[From: Webb et al. (1985) Flora of New Zealand. Volume 4 as Senecio aquaticus Hill]

 2  Jacobaea argunensis (Turcz.) B.Nord. コウリンギク
   synonym Senecio argunensis Turc
 日本、朝鮮、中国、モンゴル、ロシア原産。中国名は额河千里光 e he qian li guang 。
 多年草、根茎がある。茎は1本、直立、高さ30~60(~80)㎝。クモ毛があり、ときに ± 無毛になり、分枝し、合成花序をつける。根生葉と下部の茎葉は枯れ、普通、花時までに落ちる。中間の茎葉はかなり密集してつき、無柄。葉身は卵状長円形~長円形、長さ6~10㎝×幅3~6㎝、紙質、下面はまばらにクモ毛があり、±無毛になり、上面は無毛、基部は狭い耳があり又はギザギザの耳があり、羽状全裂~羽状深裂、小さな目立たない頂裂片と約12個の披針形又は線形の側裂片をもち、側裂片は長さ1~2.5㎝×幅0.1~0.5㎝、先が鈍形~鋭形、縁は1~2個の歯状又は狭い小裂片又は全体にやや斜上する。上部の葉はより小さく、先がより細く、他は似ている。頭花は放射状頭花、多数、頂生の複合散房花序につく。花序柄は長さ1~2.5㎝、細く、まばら~密にクモ毛があり、苞があり、少数の線状錐形、長さ3~5㎜の尖鋭形の小苞をもつ。総苞は類鐘形、長さ5~6㎜×幅6~7㎜、副咢がある。副咢の苞は約10個、線形、長さ3~5㎜。総苞片は約13個、緑色又はときに帯紫色、長円状披針形、長さ1~1.5㎜、草質、まばらにクモ毛があり、縁は広い薄膜質、先は尖鋭形又は鋭形、短いひげがある。周辺小花は10~13個、花冠筒部は長さ約4㎜、弁部は黄色、長円じぃう線形長さ8~9㎜×幅2~3㎜、4脈があり、先は鈍形、3小歯がある。中心小花は多数、花冠は黄色、間がさ約6㎜、筒部は長さ2~2.5㎜。拡大部は漏斗形。裂片は卵状長円形、長さ約0.7㎜、先は鋭形。葯は長さ約2㎜、基部は明瞭な類鋭形の耳があり、付属体は卵状披針形、antheropodia(anther foot)はかなり丈夫、基部は広がる。花柱の枝は長さ約0.7㎜。痩果は円筒形、長さ約2.5㎜、無毛。冠毛は帯白色、長さ約5.5㎜。花期は8~10月。

 3  Jacobaea cannabifolia (Lessing) E. Wiebe  ハンゴンソウ 反魂草
   synonym Senecio cannabifolius Less. 
   synonym Senecio palmatus Pallas ex Ledebour
 日本、朝鮮、中国、モンゴル、ロシア原産。中国名は麻叶千里光 ma ye qian li guang
 多年草、高さ(50~)100~150+㎝(根茎はひげ根がある)。全体に不均等に綿毛があり、葉の下面の宿存する毛を除いて、無毛になる。茎は1本。葉は±均等に互生し(根生葉と下部の葉は花時前に枯れ)、ほとんど葉柄がある(下部)。葉柄の基部に小さな2個の耳状の突起がある。葉身は長円形~卵形~長円状披針形(羽状又は類掌状に深裂、1次裂片は3~6+個、披針形~槍状線形、長さ3~8+㎝)、長さ10~20+(~30)㎝×幅(4~)8~15+㎝、基部は±狭くなり、最終の縁は鋸歯状(上部の葉は似ていて、無柄、小さい)。頭花は20~50個、直径約2㎝、散房花序につく。副咢(calyculi)は槍状の小苞が0又は1~5+個つく(長さは総苞片の長さの約1/3)。総苞は±13個、長さ4~6㎜、先端は緑色。周辺小花は±5(4~7又は8~10)個、花冠の弁部は長さ約10㎜。痩果は長さ3.5~4㎜、無毛。冠毛は長さ約6㎜、わら色。 2n = 40。花期は夏(7~9月)。
3-1 Jacobaea cannabifolia (Lessing) E. Wiebe var. integrifolia .  ヒトツバハンゴンソウ
   synonym Senecio cannabifolius Less. f. integrifolius (Koidz.) Kitag
   synonym Senecio cannabifolius Less. var. integrifolius (Koidz.) Kitam.
   synonym Senecio litvinovii Schischk. 
小型で葉が裂けず、葉柄の基部に小さな耳状の突起があることからミミキオンの別名がある。

 4  Jacobaea erucifolia (Linnaeus) Gaertner
   synonym Senecio erucifolius L.
   synonym Senecio autumnalis (Cariot) Gand.
 ヨーロッパ原産。英名はhoary ragwort。
 多年草、高さ30~120㎝(根茎は分枝し、ときにストロンを生じる)。全体に羊毛状の綿毛があり、不均等に無毛になる(下面の毛は宿存)。茎は普通、1本、ときに緩く、束生する。葉は±均等につき(基部と下部の葉はときに花時の前に枯れ)、有柄又は無柄。葉身は卵形又は長円形~へら形(普通、羽状中裂~羽状全裂、裂片は±披針形~線形)、長さ (3~)5~12㎝×幅(1.5~)2~4㎝、基部は狭くなり~±切形、最終の縁は(しばしば外巻き)歯状又は全縁。頭花は20~60個、散房花序につく。副咢は小苞が4~6(~10)個(長さは総苞片の1/2以下)。総苞片は±13個、長さ5~7㎜、先端は緑色又は帯緑色。周辺小花は±13個、舌部は長さ12~15㎜。痩果は有毛。花期は6~8月。

 5  Jacobaea incana (L.) Veldkamp
   synonym Senecio incanus L.
   synonym Senecio corymbosus Dalla Torre
   synonym Senecio carniolicus Willd
 ヨーロッパ(東アルプス山脈~アペニン山脈、カルパティア山脈)原産。英名はgrey ragwort。
 多年草。高さ5~15㎝。茎は短く、葉はロゼットに「つく。葉は銀灰色、薄く、へら形~広卵形、羽状分裂、有毛。花は散房花序につき、直径約13~14㎜、黄色~橙黄色。花期は6~8月。

 6  Jacobaea maritima (L.) Pelser & Meijden シロタエギク 白妙菊
   synonym Senecio bicolor (Willd.) Tod. subsp. cineraria (DC.) Chater 
   synonym Senecio cineraria DC. 
 ヨーロッパ、トルコ、チュニジア原産。英名はdusty-miller , silver groundse , silver ragwort
 多年草、直立し、高さ[30~]60~100㎝。茎には密に白色の羊毛状の毛があり、やがて木質の基部は無毛になり、上部と下部で多数、分枝する。葉は下面に密に白色の羊毛状の毛があり、上面も多少、毛があり灰色になり、葉柄がある。葉柄は葉身よりかなり短く、抱茎。葉身は頭大羽状中裂、又は2~3回羽状全裂、卵形~楕円形、先は鈍形、長さ(2~)3~10[~15]㎝×幅(1.5~)2~6[~7]㎝、裂片は狭長円形~卵形、羽状脈。花序の基部につく葉は小さく、葉柄がなく、しばしば1回羽状全裂し、裂片が狭く、又は分裂せず、全縁。頭花は多数、密に散房花序につく。副咢の小苞は2~8個、披針形、長さ1.5~3㎜。総苞片は10~14個、長円形、密に羊毛状の毛があり、長さ4.5~7㎜。周辺小花は7~15個、弁部は黄色、長さ3~7㎜。中心小花は黄金色。痩果は円筒形、無毛、長さ2~2.5㎜。冠毛は長さ6~7㎜。花期は夏(5~7月)[From: Webb et al. (1985) Flora of New Zealand. Volume 4 as Senecio cineraria DC.] [Missouri Botanical Garden]
品種) 'Alice' , 'Cirrus' , 'Diamond' , 'Diamond Bedder' , 'Hoar Frost' , 'New Look' , 'Ramparts' , 'Silver Dust' , 'Silver Filigree' , 'Silver Leaf' , 'Silverado' , 'Sleights Hardy' , 'White Diamond'

 7  Jacobaea paludosa (L.) P.Gaertn., B.Mey. & Scherb.
   synonym Senecio paludosus L
   synonym Cineraria serratifolia Gray
   synonym Doria paludosa Fourr.
   synonym Senecio bohemicus Tausch.
   synonym Senecio riparius Wallr
 ヨーロッパ原産。英名はfen ragwort

 8  Jacobaea vulgaris Gaertn.  ヤコブボロギク
   synonym Senecio jacobaea L.
 中国、モンゴル、ロシア、中央アジア、西アジア、コーカサス、ヨーロッパ原産。英名はragwort, common ragwort , stinking willie , tansy ragwort , benweed , jacobaea , St. James'-wort , staggerwort。中国名は新疆千里光 xin jiang qian li guang 。
 2年草[又は多年草]、根茎をもつ。茎は1本又は2~3本、束生、直立し、高さ 30~70(~100)㎝、枝分かれして合成花序をつけ、初め、クモ毛があり、ほぼ無毛~無毛になる
。根生葉は枯れ、花時までに普通、落ちる。下部の茎葉は葉柄が長さ3~4㎝、基部は広がる。葉身は長円状倒卵形、長さ15㎝×幅3~4㎝以下、紙質、下面にまばらにクモ毛があり、上面は無毛。鈍い歯があるか又は頭大羽状中裂、大きな頂裂片と小さな6~8個の長円状披針形の側裂片をもつ。中間の茎葉はかなり密集してつき、無柄、羽状全裂、長さ8~10㎝×幅1~4㎝、基部にギザギザの耳があり、頂小葉は目立たず、側小葉は線状披針形~線形、先は鈍形、縁は歯状又は類全縁、やや斜上する。頭花は放射状頭花、多数、頂生の複合散房花序につく。花序柄は長さ0.5~1.5㎝、まばらにクモ毛があり、苞がある。小苞は2~3個、線形。総苞は広鐘形、又は半球形、長さ5~6㎜×幅5~7㎜、副咢がある。副咢の苞は2~6個、線形、長さ2~3㎜、先は尖鋭形。総苞片は約13個、長円状披針形、長さ約1.5㎜、草質、類無毛、縁は薄膜質、先は尖鋭形で微軟毛がある。周辺小花は12~15個、花冠筒部は長さ2.5~3㎜、弁部は黄色、長円形、長さ8~10㎜×幅2~2.5㎜、4脈があり、先には3小歯がある。中心小花は多数、花冠は黄色、長さ約6㎜、筒部は長さ約2㎜、拡大部は漏斗形、裂片は三角状卵形、長さ約0.5㎜。葯は長さ約2.5㎜、基部に明瞭な類鋭形の耳があり、付属体は卵状披針形。antheropodia(anther foot)はかなり短く、下半部は著しく、広がる。花柱の枝は長さ約1㎜。痩果は円筒形、長さ約2㎜、中心小花の痩果は毛があり、周辺小花の痩果は長く、無毛又はまれに有毛。冠毛は白色、長さ約6㎜、中心小花では宿存し、周辺小花ではすぐに落ちる。花期は5~7月。2n = 40, 80。
品種) 'Plena'


 参考

1) GRIN
 Jacobaea
 https://npgsweb.ars-grin.gov/gringlobal/taxonomygenus.aspx?id=27973
2) Flora of North America
 Senecio jacobaea
  http://www.efloras.org/florataxon.aspx?flora_id=1&taxon_id=242348344
3) New Zealand Plant Conservation Network
 Jacobaea vulgaris
  http://www.nzpcn.org.nz/flora_details.aspx?ID=2748
 Jacobaea maritima
  http://www.nzflora.info/factsheet/taxon/Jacobaea-maritima.html
 Jacobaea aquatica
  http://www.nzflora.info/factsheet/taxon/Jacobaea-aquatica.html
4) Flora of China
 Senecio jacobaea
 http://www.efloras.org/florataxon.aspx?flora_id=2&taxon_id=242348344
5) Manual of the Alien Plants of Belgium
 Jacobaea
 http://alienplantsbelgium.be/content/jacobaea
TOP Back