シロガネヨシ(雌株)  白銀葦(雌株)
[別名] パンパスグラス
[中国名] 蒲苇 pu wei
[英名] panpas grass , Uruguayan pampas grass
[学名] Cortaderia selloana (J.A. et J.H.Schult.) Asch. et Graebn.
Gynerium argentium Nees
イネ科  Poaceae  シロガネヨシ属
三河の植物観察
シロガネヨシの花序
シロガネヨシの花序拡大
シロガネヨシの小穂
シロガネヨシ
シロガネヨシ葉
 庭園の観賞用に栽培されて広がったもので、空地などで見られることもある。外観はススキ属の仲間に見えるが、雌雄異株の別属である。雄株は茎(稈)の高さが草むら(tussock)の高さの約2倍と高く、雌株はほぼ同じ高さである。
 全体に白っぽい。葉は白粉を帯びた緑色、長さ50~200㎝、幅4~10㎜、中脈が太く、縁に細かい鋭い歯がある。葉先は尖鋭形。葉裏から見た中脈の背が丸い。葉舌は長さ2~4㎜。雌雄異株。花序は長さ30~100(130)㎝の円錐花序、枝は直立してつき、羽毛状で、成熟すると淡紫色~銀白色、多色あり、雌株の方が横に広がり、色が淡色。小穂は2形、小花は2~5個つき、苞頴は線形~披針形、尖鋭形。護頴は3脈があり、次第に細くなり、細い芒へと続く。雌小穂は苞頴が長さ8~9㎜、護頴は長さ8~14㎜、絹糸状の長毛が密生し、内頴は長さ2~3㎜、小さな仮雄しべがある。雄小穂は苞頴が長さ9~18㎜、護頴が長さ11~17㎜、わずかに毛があり、内頴は長さ4~6㎜。2n=72(Flora of China , Jepson eFlora)
 Cortaderia jubata (Jubatagrass) はやや小型で、花序がピンク色。2n=108
[花期] 8~10月
[草丈] 2~4m
[生活型] 多年草
[生育場所] 日当たりのよい空地、草地
[分布] 帰化種  アルゼンチン原産
[撮影] 蒲郡市形原町  01.9.12
TOP Back