シロバナオンツツジ 白花雄躑躅
[別名] ツクシアカツツジ 筑紫赤躑躅
[学名] Rhododendron weyrichii Maxim. f. albiflorum T.Yamaz.
ツツジ科  Ericaceae  ツツジ属
三河の植物観察
シロバナオンツツジの花
シロバナオンツツジの花横
シロバナオンツツジの花柱
シロバナオンツツジ幹
シロバナオンツツジ
シロバナオンツツジの花序
 オンツツジの白花品種
 【オンツツジ】
 落葉低木~小高木、高さ2~8m。樹皮は古くなると短冊状に剥がれ、淡灰渇と暗褐色のまだら状になる。若枝は帯紫色、赤褐色の毛があり、無毛になる。花芽は楕円形、長さ1.5~1.7㎝。芽鱗は花時に残り、軟毛と腺毛があり、縁毛がある。葉痕は心形。葉は枝先に3個、輪生する。葉身は紙質、長さ3.5~8㎝、幅2.5~7㎝、菱状円形~卵円形、基部は広楔形~円形、全縁、先は鋭形。葉表は黄緑色、光沢が無く、中脈に毛がある。葉裏は脈上に淡褐色の毛がある。葉の展開前又は展開と同時に開花する。花は枝先に1~3個、束生する。花柄は長さ6~13㎜、淡褐色の毛がある。花は朱赤色~濃朱赤色、直径4.5~6㎝、漏斗形、5深裂し、上側の裂片に濃紅色の斑点がある。雄しべ10個、花糸は無毛。花柱は無毛又は基部に微毛がある。子房は上向きの長毛が密につく。咢は極小さく、褐色の長毛がある。蒴果は円柱形、長さ約1㎝、基部は曲がり、褐色の伏毛があり、熟すと暗紫褐色になり、裂開する。花期は4~6月。果期は9~10月。
[花期] 4~5月
[樹高] 2~8m
[生活型] 落葉低木~小高木
[生育場所] 沿海地、丘陵地の林縁、岩場
[分布] 在来種 本州(近畿地方南部)、四国、九州、朝鮮(済州島)に分布
[撮影] 浜松市  18.4.3
TOP Back