シロバナノヘビイチゴ  白花の蛇苺
[学名] Fragaria nipponica Makino
バラ科 Rosaceae  オランダイチゴ属
三河の植物観察
シロバナノヘビイチゴの花
シロバナノヘビイチゴの実
シロバナノヘビイチゴの葉
シンミズヒキ
 葉は根生し、3小葉。小葉は長さ2~5㎝、側脈がくぼみ、よく目立つ。花茎は直立し、先端に直径1.5~2㎝の白色の花を数個つける。花弁は5個。果実は幅約1㎝、赤く熟し、食用栽培種のオランダイチゴのように美味。
 類似のノウゴウイチゴ Fragaria iinumae は本州の日本海側や北海道、サハリンに分布し、花が直径1.5~2.5㎝、花弁が7~8個。葉の側脈がくぼまない。
[花期] 5~7月
[草丈] 10~20㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 山地の草原
[分布] 在来種 北海道、本州、九州、千島
[撮影] 東館山高山植物園  05.7.31
TOP Back