シロバナコンギク  白花紺菊
[学名] Aster microcephalus (Miq.) Franch. et Savat var. ovatus (Franch. et Savat) Sejima et Mot.Ito form. albidus Kitam.
キク科 Asteraceae (Compositae)  シオン属
三河の植物観察
シロバナコンギク花
シロバナコンギクの花
シロバナコンギクの葉裏
シロバナコンギク茎
シロバナコンギク
シロバナコンギクとコンギクの比較
 ノコンギクの舌状花が完全に白いものをシロバナコンギクという。ノコンギクは舌状花が白に近い淡青紫色のものも多く、蕾のときに薄く色がつくだけのものも多い。分類に意味はあまりないのかもしれない。
 類似のシロヨメナも花が白色。シロヨメナは全体にほぼ無毛で、葉は鋸歯が鋭い。ヨメナは冠毛がほとんど無く、蕾だと冠毛が確認しやすい。
[花期] 8~11月
[草丈] 50~100㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 山野に普通
[分布] 在来種(日本固有種)  本州、四国、九州
[撮影] 蒲郡市  09.10.28
TOP Back